フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 6月議会の報告 ③~就学援助3項目、段階的に来年度からの予算化に努力する | トップページ | 地域からの要望実現①~三本柳市道法面へ防草シート »

2014年6月26日 (木)

戦争する国づくり許さない!・・・街頭から、訪問対話で訴えて

 安倍政権の暴走に対して、市民の間にも不安と怒りの声が広がっています。今こそ、共産党の頑張りどきです。

 宣伝統一行動~早朝から午前中訴えてまわる

 6月6月24日、共産党盛岡地区委員会が呼びかけた、安倍政権の戦争する国づくり~集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する「いっせい宣伝」を行いました。

10360349_506421932837052_4617251140
 朝、岩手飯岡駅前で、支部・後援会員の皆さんといっしょに、通勤・通学の皆さんに訴えました。多くの方がビラを受け取り手を振ってくださいました。
 その後、午前中は津志田~永井~下飯岡~湯沢団地をまわり、合計10か所で訴えました。P10009511
 「戦争は絶対いやです。安倍さんのやり方は強引でどうなるかと心配だ」などの反応が寄せられました。


18歳で兄を亡くした。戦争に進んではだめだ

 6月25日の午後は、党支部の方と、集団的自衛権反対の署名と、しんぶん赤旗購読のお願いで地域訪問しました。
 「このまま進んで、戦争をするようなことになってはダメだ」といって、集団的自衛権行使反対の署名に応じ、しんぶん赤旗日曜版を購読していただいた方(女性)のお話は心にしみました。
 「兄は東京の軍需工場に動員されいたとき、爆撃の犠牲になった。18歳だった。ちょうど食堂に集まっていた弘前の女学校のたくさんの女生徒も一緒に犠牲になった。そのことを聞いて遺骨を引き取りに行った父は悲しみをこらえるしかなかったということだった。自分も16歳で製錬所で勤労奉仕したが、食べるものもろくになくひもじい思いをした。あんな思いを繰り返してはダメだ・」ということでした。
 訪問の中では戦争を体験したほかの2人の方も、安倍政権の戦争する国への暴走に不安と怒りを語ってくれました。そして、もう一人のしんぶん赤旗日曜版を購読してくださった方は、「安倍内閣の暴走は目に余る。共産党にはもっと力をつけてほしい」と激励を受けました。

 安倍政権の暴走は、市民との矛盾を広げています。

« 6月議会の報告 ③~就学援助3項目、段階的に来年度からの予算化に努力する | トップページ | 地域からの要望実現①~三本柳市道法面へ防草シート »

国政の革新めざして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争する国づくり許さない!・・・街頭から、訪問対話で訴えて:

« 6月議会の報告 ③~就学援助3項目、段階的に来年度からの予算化に努力する | トップページ | 地域からの要望実現①~三本柳市道法面へ防草シート »