フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 月曜朝宣伝 | トップページ | 介護事業所への訪問・懇談を行いました »

2014年8月20日 (水)

市が9月議会に「空き家対策条例」提案へ

 8月19日に開催された市議会総務常任委員会で、市は9月議会に、「盛岡市空き家等の適正管理に関する条例(案)」を提案することを明らかにし、その骨子を説明しました。
 地域に放置された空き家は、環境、治安、その他地域社会にに少なくない影響を与えています。
 盛岡市では今年度、7月31日現在で市民からの相談件数が53件にのぼり、そのうち処理完了31件、所有者不明2件、所有者等の調査中9件、対応依頼中11件となっています。(市市民部)
 こうした中で市は、当初昨年12月議会にも条例を提出する予定でしたが、国が法律制定の動きがあるとしてその動向を待っていましたが、通常国会に提案せらなかったことを受けて、市独自に条例化しようというものです。

 これまで、空き家への情報はあった場合、市は現地調査を行って所有者を特定したのち、所有者に適正な管理を依頼することにとどまり、未解決になったまま放置されるケースも少なくありません。
 今回、条例化によって、所有者には「周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、適正に管理しなければならない」とその義務を明記。市は、適正な管理が行われていない空き家等に対する措置として、①実態調査 ②立ち入り調査 ③持ち主等に対する助言・指導 ③勧告 ④命令 などの措置を行って適正管理につなげようというものであり、さらに、⑤生命・身体・財産に対する著しい危険が現に切迫している、特定空き家に対しては市が代執行・応急措置をとることなどを規定しています。

 空き家の所有者を特定するための他自治体への情報紹介や、固定資産税上の配慮(更地にしても固定資産税の軽減を継続する等)については、法制定を待って盛り込むこととしています。
 また、空き家処理に対する助成措置などについては、今後の検討課題とするとしています。

« 月曜朝宣伝 | トップページ | 介護事業所への訪問・懇談を行いました »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市が9月議会に「空き家対策条例」提案へ:

« 月曜朝宣伝 | トップページ | 介護事業所への訪問・懇談を行いました »