フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 盛岡市が「避難勧告等の判断基準」を策定 | トップページ | 10年越しの想い・・白馬村で »

2014年8月16日 (土)

戦争する国づくりを許すな!

 8月15日、69回目の終戦記念日に、共産党岩手県委員会と盛岡地区委員会が合同で街頭から「安倍内閣の『戦争する国づくり』を許さないために国民的共同を!」「安倍内閣打倒!」を訴えました。
 
 訴えには、斉藤信県議会議員、髙橋和夫市議会議員と私がたちました。
201408151
 私からは、80歳代の女性の方の、「女学校時代、鉱山に勤労動員されて食事も満足に与えられずにひもじい思いをした。兄は18歳で東京の軍需工場で爆撃を受けて亡くなった。今は学生帽をかぶった一枚の写真だけだ。このような思いを若い人たちにさせてはならない。」とのお話を紹介しながら、「安倍内閣の集団的自衛権行使容認は、憲法9条を踏みにじり戦争への道だ」「戦争への道を止めるために力を合わせましょう」と訴えました。
 斉藤信県議は、310万人の国民が犠牲になったうち、「軍人軍属」は230万人だったが、その半数以上が「餓死」であったことを紹介。靖国神社に参拝し、アジアの2000万人を超える命を奪った侵略戦争を美化する立場に身を置きながら「集団的自衛権行使容認」の閣議決定をした安倍政権の異常な暴走を糾弾するとともに、「消費税10%への増税」「原発再稼働」など、国民との矛盾を広げる安倍内閣の打倒へ力を合わせようと訴えました。

 朝からの雨模様の中、街頭演説の時間にはがさらに激しい雨脚となりましたが、たくさんの方が立ち止まって聞いて下さり、拍手を送って下さいました。

« 盛岡市が「避難勧告等の判断基準」を策定 | トップページ | 10年越しの想い・・白馬村で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争する国づくりを許すな!:

« 盛岡市が「避難勧告等の判断基準」を策定 | トップページ | 10年越しの想い・・白馬村で »