フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« DIOジャパン問題、盛岡コールセンターも閉鎖~補助金を食い物にの疑惑解明を! | トップページ | 9月議会報告① 広島災害を教訓に災害への備えを! »

2014年9月10日 (水)

町内会が防災訓練

 9月7日、三本柳南町内会自主防災隊が、「避難訓練」を行いました。
Dscf46241
 わが三本柳南町内会は4つの自治会で構成されています。その一つ、私の住む見前ニュータウン自治会にも独自に自主防災隊を作り平成20年から防災訓練を行っています。

  昨年、町内会が、国土交通省岩手河川国道事務所と一緒に「水害時の行動ルールブック」を策定し、それをもとに昨年から町内会全体で行っています。

 行動ルールブックは、北上川の洪水によって堤防が決壊した場合、どのような経過をたどり、どのような被害になるかを、明らかにし、明治橋に設置されたテレメーターの水位を注視しながら、1・4メートル時(氾濫注意水位)で避難の準備に入り、避難判断水位の2・8メートル時までには全員が避難を開始する。その前(2・6メートル)には要支援者の避難を開始し、3・0メートル(氾濫危険水位)には避難を完了している・・・・ことを基準にそれぞれの行動のルールを定めたものです。

 昨年8月9日の豪雨災害時には、実際にこのルールブックに基づいて、避難行動への準備態勢に入りました。

 そうした経験も踏まえて、昨年から町内会あげての訓練となったものです。

Dscf46481
 この日、8時半に避難勧告が出たという想定で、各家庭に避難を呼びかけ、要支援者の方々をサポートしながら第一次避難場所~市指定避難場所(見前小)へと避難する訓練を行いました。

 避難終了後、町内会長あいさつに続き、盛岡南消防署の武藤さんから、昨年の水害時の教訓をもとに、避難の際に注意してほしいことなどのお話がりました。186人の参加でした。

« DIOジャパン問題、盛岡コールセンターも閉鎖~補助金を食い物にの疑惑解明を! | トップページ | 9月議会報告① 広島災害を教訓に災害への備えを! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町内会が防災訓練:

« DIOジャパン問題、盛岡コールセンターも閉鎖~補助金を食い物にの疑惑解明を! | トップページ | 9月議会報告① 広島災害を教訓に災害への備えを! »