フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 広島等豪雨災害支援募金を訴え | トップページ | 定例水曜朝宣伝 »

2014年9月 3日 (水)

城東後援会が「つどい」・・子供が保育園に入れなくて仕事に戻れないとの切実な声

 8月29日午後、新庄観音会館で、城東後援会主催の「くらしと政治を考えるつどい」が開催されました。
P8293819
 横澤後援会長のあいさつに続き、庄子が「最近の盛岡市政について」報告。急坂の市道(天満宮前)へのロードヒーティングが事業化され、28年度までに完成する見通しとなっていることなど地域から寄せられている要望事項などの現状を説明しました。また、盛岡から自衛隊に入隊者が10年間で448人となっており戦場に送ってはならないこと、保育園待機児童が4月の年度当初で54人、7月には100人を超えている現状などを報告し、市が市立保育園の「全園民営化」の方針のもと、公立保育園での未満児保育が拡大しないことなどの問題点を指摘しました。

 斉藤信県議は、岩手県議会が全国に先駆けて「集団的自衛権行使反対」の意見書を挙げたこと、東日本大震災復興の現状と課題、DIOジャパンのコールセンターの事業閉鎖などの問題、滝沢市でのいじめ自殺問題など県政問題を報告。
 また、4~6月期のGDPが6・8%も下落し、国民生活も経済も落ち込んでいる中で消費税10%への増税をストップさせようと訴えました。また原発再稼働、沖縄への新基地建設の強行を進める安倍内閣の暴走を止めようと訴えました。

 参加者から、「政務活動費の活用は適切に行われているか」「盛岡の『住みよさ』ランキングをどう見る」「土砂災害が発生しているが、山林持ち主に責任が問われるのか」などの質問が出され、斉藤県議、庄子が答えました。

 また、城東中学校の校庭整備を急いでほしい、との要望、「1年間の育休が終わり仕事に復帰したいが子どもが保育所に入れない」という相談も寄せられ、解決に取り組むことにしました。

« 広島等豪雨災害支援募金を訴え | トップページ | 定例水曜朝宣伝 »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 広島等豪雨災害支援募金を訴え | トップページ | 定例水曜朝宣伝 »