フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

3000人が参加して盛岡市総合防災訓練

 10月26日、盛岡市総合防災訓練に参加しました。今回は盛岡西消防署管内での実施でしたので私は「見学」という立場でした。
 小中学生・地域の自主防災隊、消防・警察・自衛隊などの防災行政機関、上下水道事業者、ガス事業者・・など総勢3000人が結集して、多彩な訓練を行いました。

P10003481

P10003521

P10003571
P10003331
P10003651
P10003711
P10003861
 新しい防災グッズなどを発見(水で膨らむ「土嚢」?、使い捨てのタンカなど)自分の地域の防災隊にも備えたいなどと感じてきました。
P10003601


危機管理・災害対策特別委員会が行政視察

 盛岡市議会危機管理・災害対策特別委員会が10月20~22日、行政視察を行いました。

火砕流、噴石とともに「空振」被害も・・火山災害(霧島市)

 1日目は、鹿児島県霧島市。2011年2月に起きた、新燃岳のマグマ噴火の被害状況とその対策、1993年8月の豪雨による土石流などの災害への対応とその後の防災対策などにご説明をいただきました。
 
火山噴火では、火砕流や火山灰、噴石などの被害とともに「空振」の被害が広範囲に及び、12㎞も離れたところでもガラスが割れたなどの被害が出ていたとのことでした。1993年の豪雨災害では、当時霧島市への合併前の各7市町が、それぞれ対策本部を設置していた対応したが、合併後の総合支所も縮小されてきて来ており、その中でどのような対策が必要か検討中だということとでした。

3つの川ごとに、「浸水マップ」と「逃げどきマップ」・・・清須市

 2日目は清須市。清須市は平成17年に3町が合併して誕生し、21年にさらに一つの町と合併した、人口6万5千人、面積17.3㎢の、名古屋市に隣接した市です。
 平成14年の東海豪雨災害でこの地域に流れる新川が氾濫し大きな水害に見舞われたことを教訓に、合併して誕生した清須市が、平成20年に作成した「水害対応マップ」を主に視察しました。
 このマップには、市内に流れている3本の川が氾濫した場合、それぞれどの程度の浸水になるかを50メートルメッシュでシュミレーションし、どの程度の浸水被害が発生するかを示した
「気づきマップ」、それぞれの川ごとに氾濫した場合の「浸水深マップ」、それぞれの川ごとに氾濫した場合の「逃げどきマップ」の3つのマップから成り立っています。
 市民が、そのどこに住んでいるのか、木造か鉄筋コンクリート造りか、1階建てか2階以上の建物か・・などによってきめ細かな対応基準を示しています。
 そしてその中では、「『避難』=市指定避難所に逃げること」というこれまでの常識を超えて、避難=「身の安全を確保すること」とし、場合によっては、自宅外に退避せず、2階などで待機することも示しています。いわゆる「避難」が逆に犠牲を生むことがあるという教訓をもとに、「逃げない」という、全国で初めての方針だということです。
 さらに、各自主防災会ごとに、きめ細かな避難計画(避難路指定など)を示した
「手作りハザードマップ」を作成しているということでした。


消防団と独立した「水防団」が活躍~岐阜市

 3日目の岐阜市では、消防団からは独立アドを単位とした「水防団」の活動及び、水害への備えなどについて視察してきました。
 過去にも長良川の氾濫による甚大な被害を経験している岐阜市では、平成5年に消防団から分離した、専任の水防団を結成しました。現在29団1,621人の団となっています。(消防団は、別に1200人)

 水防団では、毎年「水防訓練」が行われ、独特の土嚢づくり(しおり結び)、土嚢積み上げや、木流し工法、竹流し工法(堤防の洗掘を防止するための工法)などの訓練を実施しているということです。
 
▼過去の浸水実績図、排水基本計画の策定・・岐阜市では、過去の浸水被害の実績図を作成して公表。さらに、市内全域の河川・水路の調査に基づく「排水基本計画」を策定(平成25年に全地域の計画を策定)し、時間雨量52ミリメートルを基準に各水路の改修を順次行ているということです。
 大いに参考になりました。

2014年10月20日 (月)

携帯電話無線基地局(電波塔)建設計画が中止に~400名を超える反対署名集まり

 盛岡市三本柳に予定されていた、携帯電話無線基地局(電波塔)の建設が中止になりました。「携帯電話無線基地局を考える有志の会」の「お知らせ」が届きました。
20141016
 9月初旬、この計画を知った30台の女性の方が、電磁波による健康障害を心配し、ご近所の方々に呼びかけて学習会を開き、「携帯電話無線基地局を考える有志の会」を作り建設反対の署名を行い、400人を超える署名が集まりました。
Dscf47461
 「事業者による説説明会が開かれるかどうか不明だ」との相談があったことから、一緒に市の都市整備部長に対して、市の「中高層建築物等の建築に係る住環境の保全に関する条例」に基づいて説明会を開催するよう市から行政指導をしていただくよう要請しました。
 その後、市からの行政指導を受けた事業者が「計画を撤回する」と連絡をしてきたとのことです。

2014年10月19日 (日)

都南9条の会が定例の宣伝・署名行動

 「19日」を定例宣伝行動日にしている、都南9条の会は、10月19日、ベルフ仙北(いわて生協仙北店)前で、仙北9条の会と合同で宣伝・署名行動を行いました。中学生、若いお母さんと子どもさん、高齢者の方など署名してくださいました。

10480229_581274848685093_9995439194
 合わせて、都南9条の会が全国の9条の会の「10月をいっせい行動月間に」呼びかけに答えて企画した「「9条を抱きしめて~アレンネルソンが語る戦争と平和・・DVD上映と平和を語る集い」の宣伝を行いました。
9jotirasi20141109


10月前半の駆け歩記です

 9月議会が終わって、10月も早や半ば過ぎました。この間の駆け歩記です。

 後援会で栗駒登山
 10月4日(土)、後援会ニュース「まめだすか」読者の皆さんに連れられて「紅葉の栗駒山」に行ってきました。総勢24人。温泉コースと登山コースに分かれ、いざ登山へ。
 これ以上ない好天に、絶好の紅葉を見ながら進み、昭和湖に。昭和湖についたとたんに、先ほどまでの青空はどこへ行ったのか、見る見るうちにガスがかかり、雨が降ってきたため、頂上はあきらめて須川高原温泉に戻りました。
Dscf4751
川久保病院まつりでオカリナ演奏
 10月5日には、川久保病院まつりが開かれ、オカリナを演奏させていただきました。演奏曲は4曲「小さい秋見つけた」「(カッチーニ)アヴェマリア」「鳥の歌」そして「南部蝉しぐれ」小さいミスはありましたがなんとか練習不足をごまかすことができました。
Dscf47701

町内会運動会
 10月12日は、三本柳南町内会の「第31回大運動会」。雲一つない秋晴れの下で、300人近くの参加で、4自治会に分かれての対抗です。熱戦が繰り広げられました。
20141012

朝宣伝~9月議会報告、アベノミクス・戦争する国づくり許すな!
 水曜の朝宣伝。9月議会の報告、消費税増税反対・戦争する国づくりを止めよう!と訴えています。
P10904631

 

2014年10月13日 (月)

9月議会報告 番外編~おかげで○○万円節約になった

 9月議会で取り上げた、農家の下水道事業分担金に関する質問と答弁を農家の皆さんに紹介したところ、ある農家の方から「おかげさまだった・・」と声がかかりました。

 
農作業小屋などを控除して再計算し、分担金が○○万円も軽減できた

 農家の「宅地」には、生活する母屋のほか、敷地内にビニールハウスや、農作業小屋、農業機械置き場などが混在しています。9月25日の記事「9月議会報告③」をチラシにして農家に配ったところ、「このチラシを見て再計算してみた。そうしたら、○○万円も少なくなることが分かった。これが2~3万円程度だったらそのままにしていたが、小さな農機具を買うことができる金額になるので、さっそく市に申し出て、認めてもらった。おかげさまだった。」ということでした。

 
控除されるのは「畑などの農地だけ」と市が指導していた

 この件では他の農家からも「市の説明会の時、『農作業小屋は除外にならないか』と聞いたが『それは除外にならない』と言われて、すでに分担金を納めてしまった」という方もいました。この件について市に問い合わせたところ、「説明不足があったかもしれない」「そのような方も申し出てほしい」という回答でした。
 

続きを読む "9月議会報告 番外編~おかげで○○万円節約になった" »

9月議会報告⑥~国保「低所得者医療費助成事業」の改善を!

 200万円の当初予算に対して決算額は14万円

 盛岡市が平成25年度から実施した、国保医療の「低所得者への医療費助成」事業の利用件数は8件、決算額は14万4140円でした。

 当初予算は200万円でしたから、7・2%にとどまりました。このことについて、9月議会総務常任委員会の決算審査で、せっかくの制度が生かされるよう2重の改善が必要ではないか、と質問しました。
 盛岡市の制度では、国保医療費の一部負担金を助成する対象は、収入が生活保護基準以下の世帯となっており、①その対象を生活保護基準の1・2~1・3程度に拡大すること ②助成の方法を「償還払い」ではなく、窓口で負担しなくてもよいようにすること・・・などを提案しました。


 担当課長は、7割軽減世帯(世帯主を含む被保険者および旧国保加入者(国保から後期高齢者医療保険に移行した人)の前年の総所得金額等の合計額が,33万円以下の世帯) 1万2千世帯について調査してみる、と答えました。

9月議会の報告⑤~ごみ処理の広域化には反対!

 盛岡市、八幡平、滝沢市、雫石町、葛巻町、岩手町、紫波町、矢巾町の3市5町で構成する「県央ブロックごみ・し尿処理広域化推進協議会」が、県央ブロックごみ・し尿処理広域化基本構想(案)」を取りまとめました。

3市5町~人口50万人・奈良県同程度の面積

 この区域は、人口50万人、県面積の24%を占め、東西123km、南北109kmにも及ぶ広大な地域で、奈良県に匹敵する広大な面積です。 基本構想(案)では、この区域のゴミ(一般廃棄物)を一か所で焼却するという計画で、焼却施設を盛岡市内に設置。3か所に設置する中継施設に各市町からごみを集約し、大型収集車でピストン輸送して焼却処理する計画です。
 大型車で、奈良県に匹敵する面積全体からごみを集めることによって、大きな環境問題を引き起こします。

現クリーンセンターが新しい焼却施設の候補か 

 新施設の設置場所の条件として必要面積3万~5万㎡程度。現在利用地が可能かどうか。ユーテリティが整備済みの土地。アクセス道路が整備されていることなどを上げており、現在の市クリーンセンターを予定地として想定したかのようにも見受けらるものです。

市民合意なき性急な進め方も問題だ

 この構想案が、市民全体にかかわるものでありながら、9月にパブリックコメントを行うものの、住民説明会の開催は玉山区2か所と松園地区、上米内地区の4か所のみ。
 市民全体に十分な説明と合意もないまま、年内にはこの構想を決定し、来年度からこの構想実現に向けての準備に入るという計画です。

ごみ減量・リサイクル推進は自区内処理が基本

 共産党市議団の鈴木礼子議員は9月議会の一般質問で取り上げ、「ごみ減量・リサイクル推進は自区内処理が基本だ。広域化がごみの減量を前進させ、環境にやさしい対応になるのか。コスト削減最優先のやり方でいいのか」と質しました。 谷藤市長は、広域化はコスト削減、環境負荷の軽減や効率的なごみ処理、災害対策の強化等を基本方針にしている。と答弁しました。

分散型立地を原則の「覚書」の遵守を

 鈴木礼子議員は、現クリーンセンター建設時に地元町内会と交わした「覚書」は、更新時には分散立地を原則としています。
 クリーンセンター所在地は予定地から在除外されるべきと質しました。
 中川環境部長は、「覚書」はクリーンセンターの所在地にかかわらず、将来の住民の判断に委ねるとして、関係住民との協議を行うものとしている。建設候補地の選定作業では「覚書」を遵守して進めると答えました。

9月議会の報告④~「盛岡市再生可能エネルギーの利用等の促進に関する条例」を提案

 9月定例市議会に、共産党盛岡市議団は、「盛岡市再生可能エネルギーの利用等の促進に関する条例」を提案しました。

 再生可能エネルギーが「地域の資源」であり、その利活用は「地域の持続的発展に資するように」行うことを謳った条例案。盛岡市の環境基本条例が、平成10年制定(最終改正平成17年)であり、「環境の保全と創造におき、広い意味で地球環境の保全を謳っているが、再生エネルギーの利活用促進に関する基本理念は含んでいない。

 今回の条例案は、その環境基本条例を、再生エネルギーの利活用の分野について補完するものとして提案したものです。
 提案趣旨説明は鈴木礼子幹事長が行った。採決の結果、共産党市議団5人のほか無所属議員(守屋氏)が賛成。少数で否決となったが、各会派の討論では、「手続きが性急」(市民連合決など)、「この条例がなくてもちゃんとやっている」(盛友会)などと、趣旨にたいする正面からの反対論はありませんでした。

 詳しくは市議団のHPをご覧ください。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »