フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 戦争法は「違憲」が56.7%(共同通信世論調査)! 廃案に! | トップページ | 緊急昼デモ、街頭からの訴え »

2015年6月25日 (木)

子ども医療費助成拡大へ~来年度から小学生通院費、早期に中学生も・・・谷藤市長が6月議会で答弁

開会中の盛岡市議会6月定例会で谷藤市長は、共産党市議団の神部議員の質問に子どもの医療費助成について「来年度から小学生の通院費まで拡充する」「早期に中学生までの実現をめざす」と答えました。

7万人にせまる署名

 昨年9月に発足した「子どもの医療費拡充を求める県民の会」が取り組んできた署名運動は7万人に迫る勢いで広がっています。この運動が岩手県を動かし、盛岡市も動かしました。

党議員団の論戦も

 共産党盛岡市議団も、拡充を求め毎回の議会で質問。 盛岡市が子どもの医療助成で「県内最下位」にとどまっていることなど、市の姿勢を批判しながら粘りづよく改善を求めてきました。
 県民の運動と共産党市議団の論戦によって「一歩前進」となりました。

市長答弁は次の通り

「・・多くの市民、特にも子育て世代の皆様が強くの望んでおられる子ども医療費の無料化は、子育て施策全体の中でも特に優先度の高い施策であると判断し、解決すべき課題はありますものの、来年度から小学生医療費助成を通院まで拡充する方向で準備を進めてまいりたいと考えております。
 また、中学生までのさらなる対象拡大につきましても、引き続き、財源確保の努力をしながら、できるだけ早期の実現を目指してまいりたいと存じます。」

« 戦争法は「違憲」が56.7%(共同通信世論調査)! 廃案に! | トップページ | 緊急昼デモ、街頭からの訴え »

県・市政に福祉の心を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争法は「違憲」が56.7%(共同通信世論調査)! 廃案に! | トップページ | 緊急昼デモ、街頭からの訴え »