フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 10月議会報告④~雇用対策~官制ワーキングプアをなくせ! | トップページ | 10月議会報告⑥~調整区域の工場施設の用途変更「年度内をメド」に検討 »

2015年10月20日 (火)

10月議会報告⑤~見前小学校整備について

見前小拡張敷地の有効利用は「大規模改造」(3年以内の計画)と合わせて

 学校整備に関連して庄子が、10年以上前に市が購入した見前小学校用地の活用について、「市立見前小学校には、10年以上前に購入した敷地がそのまま整備もされずにある。その敷地は一定の面積を持っているがそのままになっている。その土地の概要と取得の経過とその後の対応、今後の有効活用についてどのように取り組むつもりか、と質問。 
(写真下)
P10001341
 教育部長は、「購入した面積は3350.78㎡、取得費は2億1915万9759円だ」「都南村との合併建設計画に基づいて平成7年度と8年度の2か年で購入し、平成13年度に教育財産にした」「グランドと一体に活用しようとしたが、学校としても差し迫った必要性を感じていなかったことから未整備となっている」「活用については、見前小学校施設の長寿命化のための大規模改造を予定しており、この事業に併せて、取得した土地も含めてのグランド整備について検討したい」と答えました。
 庄子の「大規模改造の計画は」との問いに、教育部長は「教育委員会としては3年以内にと位置付けている」と答えました。


児童センターとの複合化も検討
 庄子はさらに「市のアセットマネジメントの中長期計画案で、見前小学校について大規模改修と併せて、児童センターの整備という案が示された。この計画の内容をどうか。早急に具体化を!」と求めました。
 教育部長は「盛岡市公共施設保有最適化・長寿命化中期計画(案)で、見前小学校と児童センターの複合化の可能性を検証し、可能な場合は児童センターは当該小学校に設置すると位置づけられた。今後関係部署と協議しながら進めたい」と答えました。

« 10月議会報告④~雇用対策~官制ワーキングプアをなくせ! | トップページ | 10月議会報告⑥~調整区域の工場施設の用途変更「年度内をメド」に検討 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月議会報告⑤~見前小学校整備について:

« 10月議会報告④~雇用対策~官制ワーキングプアをなくせ! | トップページ | 10月議会報告⑥~調整区域の工場施設の用途変更「年度内をメド」に検討 »