フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 10月議会報告⑧ 市道の通行止め解除の見通しは | トップページ | 戦争法廃止の国民連合政府を・・・谷藤市長に届け・懇談 各地の集い・学習会でも »

2015年12月 2日 (水)

0歳児から20歳までの子供から若者まで総合支援・・エール岐阜を視察

 11月18日から20日まで、会派の視察を行いました。初日の18日は、岐阜市。「岐阜市子ども・若者総合支援センター」を視察しました。

 詳しくはこちらへ・・「岐阜市子ども若者総合支援センター視察報告」
Dsc_01081
 「エール岐阜」との愛称の同支援センターでは0歳から成人までの子ども・若者に関するあらゆる悩み・不安に対応し、しかもワンストップで総合的に 相談にのり、支援しています。

施設は廃校となった小学校校舎を整備し、スタッフは103人。教員資格、保育士、保健師、臨床心理士、学校心理士、精神保健心理士、社会福祉士などが配置され、発達段階に沿って支援するために総務係含めて8係が置かれ、小児科医、精神科医師の定期診察日も設けているほか、弁護士や、警察の少年担当などの協力も受ける体制になっているということです。

 開設は平成26年度。一年目の相談は1万8千件を超えたということです。保護者はもちろん、学校や関係機関からの相談も増えている一方、子ども本人からの相談は全体の0・2%にとどまりました。

 川崎市の中学生がだれにも相談できないまま、いじめ(リンチ)で死に追いやられたという事件を踏まえて今年4月には子ども向けに「子どもホッとカード」を全ての小中高、支援学校の児童、生徒、配ったそうてす。「悩みがあったらすぐ相談してね。だれにめ言わないから安心してね」とのメッセー悪口やジつきでメールアドレスと電話番号が記載されたカードです。これによって今年度、子ども本人からの相談が飛躍的に増えたとのことです。

 大変素晴らしい取り組みだと感じてきました。

« 10月議会報告⑧ 市道の通行止め解除の見通しは | トップページ | 戦争法廃止の国民連合政府を・・・谷藤市長に届け・懇談 各地の集い・学習会でも »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 10月議会報告⑧ 市道の通行止め解除の見通しは | トップページ | 戦争法廃止の国民連合政府を・・・谷藤市長に届け・懇談 各地の集い・学習会でも »