フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 12月議会報告②~沖縄翁長知事の訴えをどう受け止めるか | トップページ | 2015年~2016年の年末年始の「かけある記」  その① »

2015年12月16日 (水)

12月議会報告③~町内会への総合補助金算定どうする

 市民協働についてで、市は来年度から地区担当員制度をなくし、総合補助金化に移行する・・ということを来年度から始めようとしています。
 庄子議員は、「地区担当員報酬の予算も町内会への補助金に回すということだが、、そうならない町内会もあるのではないか。それでは結局、『町内会への支援』を名目に、地区担当員制度をなくし、町内会にさらに仕事を増やすことにならないか、という懸念を払しょくできない」と指摘し市の方針を質しました。

 市民部長は、「奨励金制度の創設によって、事務負担の軽減と使途の自由度の向上が図られることについては、概ねご賛同を賜ったが、一方で、従前の地区担当員報酬と比較して、減額にならないようにとの多くのご意見をいただいた・」「これを受けまして、さらに見直しを行い、激変緩和の措置として現在の地区担当員の実質報酬額と同額を確保した」「最初は「全体として減額にしないように」と、いうことで留意してまいりましたが、そのうえで個別の町内会・自治会に置きましても、26年度と比較して実質的に減額にならないように制度を作ることとしております」と答えました。

« 12月議会報告②~沖縄翁長知事の訴えをどう受け止めるか | トップページ | 2015年~2016年の年末年始の「かけある記」  その① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会報告③~町内会への総合補助金算定どうする:

« 12月議会報告②~沖縄翁長知事の訴えをどう受け止めるか | トップページ | 2015年~2016年の年末年始の「かけある記」  その① »