フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 3月議会報告③ 震災復興へ引き続き市の支援を! | トップページ | 3月議会報告④~ごみ処理広域化計画は見直しを! »

2016年3月14日 (月)

神奈川県から「被災5周年・震災復興支援ツアー」

 東日本大震災5周年の3月11日、日本共産党神奈川県後援会の皆さんが、「被災5年・震災復興支援ツアー」で岩手にお見えになりました。
 ご一行は48人。朝早く神奈川県を出発し、仙台市~石巻市~南三陸町の被災地を経て、岩手に来られ、鴬宿のホテルに到着されたのは午後6時50分ころ。
Dsc_22561
 到着してすぐ、雫石町役場の方から、被災者受け入れなどの支援活動のお話を聞かれていました。
 7時40分過ぎからの会食事に、まず、参加者の皆さんから岩手の復興支援に活用してくださいと「支援募金」を預かりました。
P10201201
 その後、私から歓迎のあいさつと合わせて岩手・盛岡の復興の現状と課題などについてお話しました。お話しながら、当時のことをもいおこし、津波にのまれた近所の青年のこと、盛岡の「みなし仮設」にお住まいの方から寄せられた相談のことなどなど、思い起こされました。
 この震災復興の取り組みの中で、日本共産党の県議・市町村議の奮闘によって、「被災者の医療費・介護保険利用料の免除措置」が県独自で継続していること、住宅再建支援金で県が100万円の上乗せを行っていること、当初計画になかった被災した県立病院3院の再建が、県議の複数化で実現できたこと、その4年後の昨年の県議選で2から3になり、県知事選挙で共産党も「復興与党」として現職を支援し、対決構図が鮮明になり、自民党にかつがれた元民主党政権時の復興大臣が、急きょ立候補を取りやめ、敵前逃亡に追い込まれたこと、そしてその県知事選の際、盛岡で5野党党首の共同会見を行い、今日の5野党合意につながっていることなどを紹介させていただきました。

 長旅でお疲れの中、熱心に聞いて下さり、質問も相次いで出されるなど、あっという間の1時間でした。12日は、岩手の被災地~福島を経由してお帰りになるとのことです。

 被災地では、「風化」が懸念されているなか、本当に励まされる思いでした。そして改めて、こうした支援に応えて復興に全力で取り組む決意を新たにしました。

« 3月議会報告③ 震災復興へ引き続き市の支援を! | トップページ | 3月議会報告④~ごみ処理広域化計画は見直しを! »

震災をのりこえよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県から「被災5周年・震災復興支援ツアー」:

« 3月議会報告③ 震災復興へ引き続き市の支援を! | トップページ | 3月議会報告④~ごみ処理広域化計画は見直しを! »