フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 人類史上最悪の「公害」~福島原発事故から5年~福島(いわき)からの訴え | トップページ | 3月議会報告②~介護報酬引き下げの影響くっきり 8割が収入減、施設整備にも大きな障害 »

2016年3月 8日 (火)

3月議会報告① 代表質問に立ちました

 開会中の盛岡市議会3月議会で会派を代表して質問に立ちました。 質問項目は、市長に対しては、「時代認識と憲法観」「市民の暮らしと消費税増税、社会保障改悪などへの見解」、「子ども若者支援」「ギャンブル依存症対策」「TPPと農林業振興・木質バイオマスの普及」「緊急雇用対策とDIOジャパンの不適正補助」「ごみ処理広域化の問題点」「指定管理者への自治法上の調査結果」など、教育委員長にたしいては「35人学級への対応」「いじめ対策」「学校司書の全校配置への見通し」「学校給食について」などです。
(共産党市議団HPに質問と答弁を掲載

Img_10001
安倍政権の憲法破壊行動についてどう考える

 
安倍政権が、自ら憲法解釈を変えて戦争法を強行しながら、今国会では「自衛隊の違憲状態を解消するため憲法改正が必要」などと公言していることについて、公務員の憲法尊重義務に違反しているのではないかと指摘し、市長の見解をただしました。
 市長は「行政に携わる者として国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つの普遍的柱を持つ日本国憲法に基づいて職務を遂行する」などと答えましたが、安倍政権の改憲策動に対しては明言を避けました。

閣僚・国会議員の暴言

 丸川環境大臣、高市総務大臣の暴言、丸山自民党参議院議員の暴言など安倍政権の閣僚、自民党国会議員の暴言が相次いでいることについて市長の感想を聞きました。市長は「実に残念。選挙で選ばれているという自覚を持ち、自分たちの発言には責任と影響力があるということを肝に銘じていかなければならない」と答えました。

« 人類史上最悪の「公害」~福島原発事故から5年~福島(いわき)からの訴え | トップページ | 3月議会報告②~介護報酬引き下げの影響くっきり 8割が収入減、施設整備にも大きな障害 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会報告① 代表質問に立ちました:

« 人類史上最悪の「公害」~福島原発事故から5年~福島(いわき)からの訴え | トップページ | 3月議会報告②~介護報酬引き下げの影響くっきり 8割が収入減、施設整備にも大きな障害 »