フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

8月議会で一般質問に立ちました①~市長の政治姿勢について

 盛岡市議会は例年9月に開催されていた定例会を、国体が開催される関係で一カ月早めて、8月17日から「8月定例会」として開会され、庄子は8月23日に一般質問に立ちました。
Img_23273
 
 質問では、憲法改定や参議院選挙結果、安倍政権による「28兆円の経済対策」などへの市長の見解、27年度の決算に対する評価、都南中央第三地区のまちづくりなどについて質しました。

 参議院選挙の結果は安倍政権に憲法改定の白紙委任をしていない

 参議院選後、安倍政権が憲法改正へ動き出そうとしていることについて、庄子議員の質問に対して谷藤市長は、「先の参議院議員選挙の結果は、国民が改憲への白紙委任を与えたものとは考えていない」「主権者である国民の幅広い意見を集約しながら、徹底した議論が必要」と答えました。

 
東北・沖縄での選挙区の結果・・TPP、基地・原発への有権者の意向反映されている

 参議院選の選挙区で、東北6県中5県で野党が勝利し、福島・沖縄で現職大臣が落選した結果に関する質問に対して、谷藤市長は「東北地方が抱えるTPPなどの地域課題や東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応、沖縄県の米軍基地問題への対応などが、選挙結果に影響を与えたのではないか」と答えました。

28兆円の経済対策・・地方に効果あるか

 安倍政権が閣議決定した「総額28兆円」の経済対策について、岩手日報が「規模に何の意味がある」として、「28兆円」が、円安・株高に支えられて『アベノミクス』の「延命を図る打ち上げ花火にすぎまい」と厳しく指摘していることを紹介し、6月議会で「盛岡地域経済にアベノミクスの恩恵は実感できていない」と答えた、この地域経済と市民生活に効果が上がると考えるかと質問。
 谷藤市長は、「保育士や介護人材の処遇改善、年金受給資格期間の短縮、給付型奨学金の創設など、市民生活への効果を期待している」「低所得者を対象とする簡素な給付措置などの消費喚起により、一定の効果は期待委できるものの、インフラ整備としては、リニア中央新幹線や港湾整備といった大規模事業が中心で地域経済への効果においては、やや強さを欠いているのではないか」と答えました。

2016年8月 5日 (金)

地域の要望2題

 市民から寄せられていた地域要望について、市に要請したところ、市が早速対応してくれました。

▼空き地の木の伐採・整備・・東見前地区では「空き地に樹木が繁茂しているほか、蛇の生息など周辺の環境に悪影響を与えている」と樹木の伐採等、環境整備の要望があり、市に要請。
P10207441

 市が調査したところ、空き地で茂った木が、市道部分にかかっていることが判明し伐採しました。
Dsc_23871

▼側溝の安全対策
~三本柳地区では、市道の急カーブ付近の側溝が危険だと、側溝に蓋をするほか安全対策の要望があり、市に要請しました。
P10207801 
 市が水路部分に蓋をし、安全対策としてデリネーターを設置しました。
P10209701


2016年8月 4日 (木)

6月議会の報告③~市議団ニュース8月号(2016年6月議会報告)

 参議院選挙もあって編集が遅れていた、盛岡市議団ニュース(2016年8月)が完成しました。今年は、岩手国体があるため、決算審査を粉う9月議会が早まり、8月17日から議会が始まります。
Sigidan201608Sigidan201608_2





2016年8月 3日 (水)

定例の朝宣伝~憲法と暮らしまもる新たな戦いヘ音決意語る

 8月3日、水曜の朝宣伝です。
P10306241
 8月は、6日の広島、9日の長崎の原爆記念日を迎え、15日の終戦記念日を迎える月です。「侵略戦争の反省の上に打ち立てられた日本国憲法を壊し、明治憲法下の日本に作り替えようとする自民党の憲法草案。安倍政権の憲法改悪を許さないため力を合わせましょう!」今朝の訴えには力が入りました。それにしても、安倍内閣の改造人事。稲田氏の防衛相起用との報道には、露骨な歴史認識を共にするウルトラ右翼の「お友達内閣」で何をしようというのかという思いです。

 アベノミクスを「ふかす」と出したのが、28兆円もの「ばらまき」。岩手日報の論説でも「規模に何の意味がある」「日本経済の停滞を象徴する個人消費を上向かせるための処方箋は描かれていない」「(低所得者への1万5千円)この手のばらまき給付は過去にも期待する効果が出ていない。検証したのだろうか」「従来の対策と同様に不急の公共事業を積み増す恐れがある」・・・と手厳しい指摘です。
 安倍暴走ストップ、暮らしと平和守る新たな戦いへの決意を語りました。

福祉施設2カ所で、オカリナの演奏を行いました

 7月、参議院選挙が終わったのを待っていましたと、福祉施設から要請があり2か所でオカリナ演奏をさせていただきました。

 7月16日は、ニチイケアセンター盛岡南のデイサービスの利用者さんと、オカリナに併せて一緒に歌っていただきました。「夏はきぬ」「浜辺の歌」など、アンコール含めて11曲。「また来てください」との声がかかりましたから、まずまずの及第点をいただいたのかなと思います。
P10304003

 23日には、クローバーズピア夏祭りに。こちらは、都南歌う会の皆さんと一緒に、みんなで歌っていただきました。間に2曲オカリナの独奏を聴いていただきました。
P10304791

 選挙中、約2か月オカリナから遠ざかっていましたから、どうなることかと思いながらも、なんとか、喜んでいただけたものと思っています。 

 次の演奏の機会は、9月18日の町内会敬老会、同25日の「みちのく芸能祭」でゲスト出演を依頼されており、さあ、どう練習時間を確保するか思案中です。

6月議会の報告② 放課後児童の実態を踏まえて市の計画見直しを

 6月議会で、市内小学校児童の放課後の過ごし方の実態を質問。全児童の52%が「留守家庭児童」で、そのうち「自宅で過ごす」児童が44.2%と、児童センター・学童クラブなどの「放課後健全育成事業」の「受け皿」が不足している実態が明らかになりました。(下表)           

 市内小学校児童の放課後の居場所調査
  5月1日現在
 ○小学校全児童数    14,506人
 ○留守家庭児童数     7,628人(全児童の52.6%)
 ○自宅で過ごす児童    3,372人(留守家庭の44.2%)
 ○児童センター利用    1,973人(留守家庭の25.9%)
 ○放課後児童クラブ利用  1,362人(留守家庭の17.6%)
 ○自宅近くの親せき等    435人
 ○それ以外の児童数     486人 

 庄子は、「市の放課後児童対策の計画はこの実態を踏まえていないのではないか。計画の見直しを」と質問。
 保健福祉部長は、「放課後に居場所が必要な全ての児童を視野に入れた対策に取り組む必要がある」と答えました。
 庄子議員は、児童センターの職員(児童厚生員)を、児童数に応じて配置するよう基準の見直しも提案しました。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »