フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

子どもの貧困問題を考えるシンポジウム 280人が参加

 少し以前のことですが紹介します。

 5月21日、「子どもの貧困問題を考えるシンポジウム」(日本共産党岩手県委員会と国会議員団東北ブロック事務所が共催)が開催され、東北各県から会場あふれる280人が参加しました。
Dsc_37041 
母子家庭への包括的支援を

 岩手県立大学社会福祉学部准教授の齋藤昭彦氏が「盛岡市のひとり親世帯の子どもの実態調査から見える母子世帯の生活困窮」と題して講演。
 調査のなかで子どもが医療受診必要な時に「受診しなかったことがある」が23・2%に及び、背景として、「時間が取れない」「支払困難」などが挙げられていること、「放
課後の居場所づくり」「家計問題で相談する人がいない」・・などの母子家庭のかかえている困難を紹介し、母子家庭に対する包括的な支援が必要、自治体への「社会福祉専門職」の配置が必要・・などと提言しました。

医療・施設・子ども食堂、各分野からの報告

 シンポジウムでは、各分野のパネリストが発言しました。

▼小野寺けい子小児科医師は、歯科受診を抑制し虫歯だらけになってしまってる例などを示し、貧困が子どもの健康をむしばんでいる実態を報告。

▼インクルクルいわての花坂圭一事務局長は、子ども食堂を開設している実践例を紹介し 、子ども食堂の取り組みは、食事の提供だけでなく、交流、居場所、問題解決の場でもある、と話しました。

▼児童養護施設みちのくみどり学園の赤坂美代子副園長は、児童養護施設の8割は被虐待児、愛着形性障害など深刻な問題を抱えている事を紹介し、施設にいる子供たちがかかわってほしいときに施設に職員が少ないことなどが課題としてあることなどを紹介しました。

▼髙橋千鶴子日本共産党衆議院議員は、国会では超党派で子ども貧困問題解決に向けた取り組みが行われているが、政府の取り組みは極めて不十分であることなどを詳しい資料で紹介しました。

各地の経験も交流

 フロアからの発言では、東北各県から子ども食堂の取り組みや、医療費助成の拡大などの運動などが紹介されました。

 盛岡市の県営湯沢アパートの自治会副会長で民生委員の岩島さんは、住宅入居者の中でも生活困窮世帯が多いことに驚き、小学生への無料の「学習の広場」を自治会として開くことを決め取り組んできた経験を紹介。こうした取り組みを広げるため、市の支援を!と呼びかけました。

憲法25条・13条・26条の具体化を

 最後のまとめの発言で齋藤准教授は、子どもの貧困に取り組む上で、憲法25の具体化をはじめ、13条の幸福追求権、26条の教育の機会均等の具体化を、と訴えました。

2017年5月12日 (金)

横浜市のごみ減量、足利市クリーンセンターの余熱利用を視察

 2017年4月12日・13日の日程で、30%削減の目標を大幅に超過達成した横浜市のごみ減量の取り組みと、足利市のクリーンセンターの余熱利用について個人視察を行いました。(写真下は、足利市の足利南部クリーンセンターで)

P10408371
 ようやく視察のまとめができましたので報告します。

「横浜市、足利市視察報告書」
 
 横浜市では、平成14年度(平成15年1月)策定の「一般廃棄物処理基本計画」を「横浜G30プラン」と名付けて、ごみ減量に取り組み、減量目標として30%削減を掲げました。取り組みの結果は、家庭系(94万tから61万tに)、事業系(67万tから32万tに)とも大幅削減に成功し、目標を大幅に上回る43.2%の減量に成功したということです。
人口300万人を超える大都市におけるごみ減量の成功は、国内はもちろん、海外からも注目されているということです。
 今回の視察は、その「横浜G30プラン」の取り組みと、それに続く「よこはま3R夢(スリム)プラン」について説明を聞きました。

 足利市では、足利南部クリーンセンターにおける焼却余熱をトマト栽培の温室団地に供給し、農業振興につなげている取り組みを視察してきました。

2017年5月10日 (水)

後援会バスツアー  オオヤマザクラまつりへ

 5月7日の連休最終日、後援会の「お花見バスツアー」で、盛岡市玉山日戸に完成した「さくらパーク姫神」の完成記念を兼ねた、「オオヤマザクラまつり」に大型バスで出かけました。
Dscf64721
 サクラパーク姫神の一帯は、玉山ふるさと会の皆さんからの支援により、10年以上前に一万本のオオヤマザクラが植樹されました。整備していた遊歩道、その他の設備も完成し盛岡の新たな桜の名所です。
Dscf64731
 玉山小学校の皆さんの合唱、民謡、津軽三味線、歌謡ショーなど盛りだくさんのステージ、野菜・山菜などの即売、そば、トン汁などの出店など、地元の方々総出の賑わいでした。

 少し肌寒い一日でしたが、大いに楽しい一日でした。

ふるさとの山はありがたきかな  ②

 2日に撮った岩手山の写真に続き、青空に誘われて小岩井の「一本桜」を狙っていってみましたが、タイミング合わず残念。小岩井への途中にも「一本桜」がありました。

_dsc71025

_dsc70891

2017年5月 9日 (火)

憲法施行70周年~記念日のつどい 街頭演説

 憲法施行70周年となった5月3日、憲法会議、いわて労連、県革新懇などが共催した、「憲法記念日のつどい」が、盛岡市の「プラザおでってホール」で開催されました。
Dsc_36032
 つどいでは、子どもと教科書全国ネット21常任運営委員の鈴木俊夫氏が「『日本会議』ってなに? 安倍政権がめざすもの」と題して講演。
 改憲めざす「国民運動」を展開している「日本(にっぽん)会議・・・(「日本国憲法の『にほん』ではなく、大日本帝国憲法の『にっぽん』)の成り立ち、その主張、安倍政権との関係など詳しく解明。「九条の会」などに対抗した「草の根」保守の運動を軽視することはできないが、日本会議の「新憲法の大綱」に見る、「戦前回帰・復古的」な国造りの主張には国民に対して希望の持てる政策を示すことができないところに弱点があること、私たちの、草の根の運動をさらに広げること、市民はもとより、野党の「本気の共闘」の中身を豊かにしつつ、本流にしていくことの大切さを訴えました。
 つどいでは、安倍政権がテロを口実に強行しようとしている「共謀罪」を廃案にし、憲法を守る運動に全力で取り組もう、との集会アピールを採択しました。
 集会後、日本共産党の街頭宣伝に、斉藤信県議とともに立ちました。
Dsc_36111


岩手県立大学齋藤先生よりレクチャー~「ひとり親世帯の子どもの生活実態調査」

 5月2日、5月21日に開催する「子どもの貧困問題を考えるシンポジウム」(日本共産党岩手県委員会・同東北ブロック事務所主催)で講演とパネリストをお願いしている齋藤昭彦先生(岩手県立大学社会福祉学部准教授)から、岩手県議団の斉藤信、高田一郎、千田美津子県議とともに、「盛岡市ひとり親世帯の子どもの生活実態に関する調査研究報告」についての説明を受けました。 

Dsc_35961 
 2857世帯に送付 回答率41.1% 

盛岡市と県立大学が共同で実施した実態調査は、調査対象を、母子家庭とし、児童扶養手当の「全部支給」「一部支給」「全部支給停止」ごとに、さらに年齢により4区分(0~6歳 7~12歳 13~15歳 16歳~)に分類して対象者全員を対象にアンケートを行ったもの。
 2857人にアンケートを送付し、1173人から回答がありました(41・1%)

母親の就労・経済状況、子どもの生活~実態に応じた支援を
            
 質問項目も、▼母親の就労の状況や経済状況、▼病院受診をためらった経験の有無や必要な食糧を購入できなかった経験の有無 ▼子どもの放課後の過ごし方 ▼塾や習い事、子ども部屋・学習コーナーの有無 ▼必要な支援(悩み事の相談相手、子どもの学習支援、病気時等に子供の面倒を見てくれる人」等、多岐にわたり、多面的な視点から実態に迫る意欲的な調査でした。
 研究報告書には、調査結果とともに、それに基づく様々な提言も盛り込まれています。
 シンポジウムでは、この研究成果が報告されるとともに医療の現場、施設、市民運動や地域での支援行動や、政治の場における課題なども交流され、内容に期待が高まっています。

 研究の成果を盛岡市の行政にどう生かすか、私たち議員としても大いに勉強する必要があることを感じてきました。

ふるさとの山はありがたきかな~青空に映える岩手山

 5月2日、市議会報告会の会場下見のため、中野地区活動センターから玉山地区の巻堀コミュニティセンターへ。玉山への道々、青空に映えた岩手山がとてもきれいでした。_dsc70881

_dsc70401

_dsc70671
 市議会報告会は、5月10日、11日に開催されます。




 

2017年5月 3日 (水)

第88回メーデー

第88回メーデー岩手県中央集会。数々の要求がかかげられています。木戸口参議院議員、高橋ちっ子衆議院議員も駆けつけて、力強いあいさつ。千鶴子さんはその後のデモ行進の先頭にも立たれました。
P10409491
P10409321
P10409431
P10409361
P10409341
P10409742

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »