フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 12月議会報告 ④ 補正予算修正動議を準備。就学援助金の入学準備金小学生にも年度内支給を約束させる | トップページ | 新年おめでとうございます »

2017年12月21日 (木)

12月議会の報告⑤ 子どもの医療費助成拡充について 2題

「現物給付で医療費増える」の心配は無用だ

 19日の盛岡市議会総務常任委員会で、私の「昨年8月からの妊産婦と乳児医療費助成の現物給付化の実施で医療費給付は増えたか?」との質問に、担当課長は「レセプト件数が大きく増えれば利用率が上がったということになるが、ほとんど変わらなかった」と答えました。

 「現物給付を小学校まで」、との要望に対して、県内いくつかの自治体では「医療費が増えるのでは・・・」などの懸念を理由に岩手県に対して現物給付化に消極的な回答をしているとのことですが、少なくとも盛岡市の実績は、そのような懸念は無用だ、ということです。

▼「ペナルティ」でもおつり~盛岡市で500万円
 乳幼児の現物給付によって、国から国民健康保険療養費等国庫負担金を減額するというペナルティーが課せられていましたが、乳幼児分は2018年度から廃止になります。盛岡市の場合その額約800万円が浮くことになるのです。仮に小学生までの現物給付化をした場合新たに課せられる「ペナルティ」は約300万円だとのこと。500万円のおつりがくる勘定です。もはや、小学生までの現物給付を拒む理由は、この面からもないのです。

中学校までの助成拡大~担当部は予算要望

 小学校までとなっている盛岡市の子ども医療費助成事業、中学校まで拡大をとの願いについて、市は「予算がどの程度必要か精査したうえで、安定的な財源確保の見通しを立て、できるだけ早急に実施したい」というスタンスでした。
 19日の総務常任委員会で、「予算はどれくらいかかるか、来年度からの実施に向かっているのか」との私の質問に、担当課長は「費用の試算では、扶助費で9千万円、事務費などあわせて1億1千万円と見込んでいる。この積算を市役所の内部の段階で提案している(予算要望をしている)、来年3月までの間に試算をもとにできるかどうか判断してまいります」と答えました。

 担当課・部は実施に向けて予算要望をしたということですから、財政当局、最終的に市長が決断するかどうか、注目です。ぜひ市民の声をさらに届け、市長が決断するよう、後押ししたいものです。

« 12月議会報告 ④ 補正予算修正動議を準備。就学援助金の入学準備金小学生にも年度内支給を約束させる | トップページ | 新年おめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/66180583

この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会の報告⑤ 子どもの医療費助成拡充について 2題:

« 12月議会報告 ④ 補正予算修正動議を準備。就学援助金の入学準備金小学生にも年度内支給を約束させる | トップページ | 新年おめでとうございます »