フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 市議団ニュース完成 | トップページ | 安倍9条改憲NO!~連絡会が署名行動  16人参加111筆 »

2018年1月15日 (月)

久々のクラシック

 1月14日、盛岡市民文化ホール(マリオス)で行われた、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団を迎えての「ニューイヤーコンサート2018」を聴きました。
26733685_2
 プログラムは、パデレフスキ:序曲変ホ長調、ショパン:ピアノ協奏曲ホ短調、ベートーヴェン:交響曲第7番。
 ショパンのピアノ協奏曲1番、ベートーヴェンの7番というポピュラーで大好きなプログラムに加え、牛田智大という若いピアニストの名前に魅力を感じてチケットを求めました。

さすがワルシャワフィル
 最初のプログラムの、パデルフスキ作曲の序曲は初めて聞く曲でした。パデルフスキはピアニストとして世界に名をはせ、のちにポーランドの首相兼外相もつとめた人とのこと。ポーランドが世界に誇る音楽家の一人で、この曲は彼の死後50年後(1991年)に初めて演奏された曲ということです。ポーランドを代表するオーケストラにふさわしい曲であったと感じました。素敵な曲です。
 ショパンの1番はも、さすがワルシャワ!! ショパンコンクール最終選考会でピアニストと共演しているオーケストラです。もう出だしで鳥肌が立ちました。
 ベートーヴェンの7番も、その熱演に圧倒されました。

若い才能輝く 
 
牛田智大さんの、若々しさとともに、老練??ともいえるよう技巧を駆使してのショパンのソロに引き込まれました。
 アンコールでの演奏は、ショパンの演奏と少し違う印象の、情熱的な演奏でした。曲目は終演後に表示されていて、プーランク:即興曲第15番『エディット・ピアフを讃えて』と知り、なるほど、と思いました。

本当に久しぶり
 さて、前にクラシックコンサートを聴いたはいつだったか、少し考えてみました。
同じ会場の「ニューイヤーコンサート」だったな、井上道義がアンサンブル金沢を指揮した、「オールベートーヴェン」だったのではなかったかなと記憶を紐解きました。
 そして、アンコールに演奏した曲に印象があり、NHKの大河ドラマ「篤姫」のテーマだった、と思い起こして確認したところ、当時の事がこのブログに書かれていました。(2009年1月)
 やはり「オールベートーヴェン」でした。プログラムは、エグモント序曲、ピアノコンチェルト5番、そして、今回と同じ 交響曲7番。奇遇です。私の「7番」好きも確認できたように思います。
 9年前のことです。その後機会がなかったのか、失念したのか。本当に久びさでした。至福の時間でした。

« 市議団ニュース完成 | トップページ | 安倍9条改憲NO!~連絡会が署名行動  16人参加111筆 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私もワルシャワ聴きました。私はベト7に感動し、アンコールのハンガリー舞曲がよかったです‼️
いただいたCDも聴きました!心があらわれるようでした。庄司さんは、ガッツがあって頼れる存在と思っていたけど、とても繊細な心の持ち主だとおもいました。今度は生を聴きたいです‼️🙋

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/66280395

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のクラシック:

« 市議団ニュース完成 | トップページ | 安倍9条改憲NO!~連絡会が署名行動  16人参加111筆 »