フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 6月議会開く~一般質問① 米朝首脳会談、市場法改正への見解を問う | トップページ | 盛岡市内8小中学校のブロック塀が「不適合」 »

2018年6月26日 (火)

6月議会で一般質問 ② ごみ処理広域化について

6月議会の一般質問で、「ごみ処理広域化」について取り上げました。
主なやり取りは下記の通りです。

≪候補地一本化について≫

 各候補地の地域住民や関係者の意見等の意見を今後どのように聞き、賛否などの判断をどのように下していくのか。

A 地域の皆様と繰り返し対話を重ねる中で、より具体的な内容について一緒に考えていくことができる状況に至った時、理解が深まったことになる。各地域ごとの課題(※)を踏まえ、整備予定地1カ所を選定する際の総合評価である「整備の確実性」の判断の材料とすることができるよう。関係者との調整に努める

※「盛岡南インター付近」・・地権者や農業関係者から反対の意見が寄せられている      「都南工業団地付近」・・地形的な面から、他の候補地と比較し大規模な土地造成等を  行う必要があることなどが問題
「盛岡インター付近」・・反対の意見もある中、ごみ焼却施設の整備や熱エネルギーを利活用した地域振興策について、区画整理跡地の土地利用と併せて、当該地域から要望のあった土淵地域全体の「均衡あるまちづくり」の中で進めていくこと
「盛岡市クリーンセンター敷地」・・・覚書に基づく協議を優先することとしているが、反対決議をしている町内会・自治会があり、競技を進めることができない状態にある

Q それぞれの候補地ごとにどのような経費見通しなのか

A 地域振興策、土地造成やインフラ整備、用地取得面積も地域振興策に基づいて内容を精査しなければならず、現時点で示すのは難しい

≪循環型社会形成推進機地域計画について≫

 Q ごみ減量・資源化、リサイクル率をどう見込んだのか 平成27年度の全国 平均は20.4%だ。人口10万以上50万人未満の都市では、岡山県倉敷市が51.6%、50万人以上の大都市では、千葉市では32.6%でそれぞれトップだ。県央ブロックではどのような計画か。

 A 目標年度の平成35年度までに、資源を除く可燃、不燃ごみを7%減量とし、資源については現状維持、合わせて5.5%の減量を見込む。一人一日当たりの家庭ごみの排出量を569gとしている。リサイクル率は、平成28年度17.7%を35年度で18.1%として設定している。

 Q 分別収集の統一は、どのように図られる計画か、広域化で資源物のリサイクル事業はどうなるか、粗大ごみ、焼却灰の最終処分はどうなるか

 A 分別収集の統一については、「将来的に統一を検討する」としている。当面は既存体制を維持することにしている。
 焼却以外の処理や最終処分については、当面既存施設を活用しながら徐々に集約化を図り将来的に広域化をめざす。今後、8市町において集約化等による最適な方法を検討したい。

« 6月議会開く~一般質問① 米朝首脳会談、市場法改正への見解を問う | トップページ | 盛岡市内8小中学校のブロック塀が「不適合」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/66872565

この記事へのトラックバック一覧です: 6月議会で一般質問 ② ごみ処理広域化について:

« 6月議会開く~一般質問① 米朝首脳会談、市場法改正への見解を問う | トップページ | 盛岡市内8小中学校のブロック塀が「不適合」 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31