フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 9月議会で一般質問に立ちました | トップページ | 「ふるさと納税」~盛岡市は大赤字、寄付金の4分の一が大阪の業者に 見直しを図れ »

2018年9月22日 (土)

9月議会決算審査より~消費税は市財政に 16億円もの大きなマイナス

 9月議会では平成29年度の決算が審査されています。20日に開かれた総務常任委員会で、消費税の市財政への影響について質しました。その結果、消費増税の際に謳われた「消費税は社会保障の財源に使われている」、どころか、盛岡市財政(一般会計)には大きなマイナス効果になっていることが明らかになりました。(下の表参照・・クリックすると大きくなります)

歳入歳出差引-10億7800万円
 市には、国に納められた消費税の中から、地方に「消費税交付金」が配分されます。盛岡市に交付された額は成29年度で、56億4309万5千円でした。その「増収」の影響で、地方交付税が、46億7453万1千円の減額となりました。(※) その結果、実質的な交付金の額は9億6856万4千でした。
 一方、盛岡市が「消費者」として支払った消費税(公共工事の請負費や、物件費、備品購入費・・・などなどに消費税がかかっている)は合計で 20億4666万2千円です。
 ここで差引10億7809万8千円のマイナスとなっています。


税制改正の影響でさらに-5億9000万円
 消費税増税の際には、合わせて「税制改革」と称して法人税の減税が行われましたが、それに伴う、盛岡市の法人市民税の減収が、5億9061万5千円に及ぶことが明らかになりました。
 合計で、盛岡市財政には16億6871万3千円のマイナス効果が明らかになったのです。

 消費税は、市民の暮らしや経済への影響とともに、盛岡市財政にも大きな悪影響を及ぼすことが明らかになりました。
 消費税10%への増税に反対するよう求めました。
Syohizeieikyo


« 9月議会で一般質問に立ちました | トップページ | 「ふるさと納税」~盛岡市は大赤字、寄付金の4分の一が大阪の業者に 見直しを図れ »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/67194189

この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会決算審査より~消費税は市財政に 16億円もの大きなマイナス:

« 9月議会で一般質問に立ちました | トップページ | 「ふるさと納税」~盛岡市は大赤字、寄付金の4分の一が大阪の業者に 見直しを図れ »