フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月22日 (土)

「ふるさと納税」~盛岡市は大赤字、寄付金の4分の一が大阪の業者に 見直しを図れ

 「ふるさと納税」について、総務省は「『返礼品』を寄付金の3割以内に、地元品にして・・」と通知をだし、守らない自治体名を公表するなど、自らが作った制度の『ひずみ』是正に躍起になっています。

寄付収入と税額控除(市税収入減)の差額は 9125万円の赤字

 そもそも、この制度自体の大本に問題があるのではないでしょうか。
 自治体に「寄附」をすれば、住民税をほとんど払わなくてよい、そのほかに「返礼品」で「特産品」をもらえるという制度ですから。考えようによっては、本来支払う住民税にかえて、自治体に「寄附」すれば、特産品をもらえるというものです。制度上は、自分の住む市に本来払うべき税金を「寄附」に変えて出せば、特産品がもらえるのです。
 29年度の盛岡市決算では、そのひずみが盛岡市財政にも大きく表れていることが明らかになりました。
 盛岡市では、平成29年中にいただいた寄付金は 8825万7千円でした。一方、盛岡市民が「寄附」をしたことによって生まれた、盛岡市税の税額控除(市税収入の減収)は1億7951万5千円でした。
 実に9125万8千円の赤字だったのです。

事業費は4632万円。県外業者の懐に寄付金の4分の一入っている

 一方、寄付した方への「返礼品」など、事務費も含めてこのための費用は4632万6987円でした。その主なものは「返礼品」などのための費用ですが、その費用は、寄付金の実に49パーセント、4165万1768円を「委託費」として、大阪に本社がある会社に支払っているのです。そのうち「返礼品」として盛岡市の事業者などに支払われた額は2085万3千円でした。
 つまり、残りの2078万8768円・・実に寄付金の約4分の一が大阪に本社がある会社の懐に入っているのです。

抜本的見直しを・・せめて運営会社を地元に

 何のための「寄付金」か・・根本から問われるべきで、小手先ではなく抜本的な見直しが求められています。
 合わせて、少なくとも、運営会社について地元業者に移して、地元還元を図るべきではないかと提案。
 市は、30年度で今の委託会社との契約が切れることから、来年度から見直しをしたいと答えました。 
 

9月議会決算審査より~消費税は市財政に 16億円もの大きなマイナス

 9月議会では平成29年度の決算が審査されています。20日に開かれた総務常任委員会で、消費税の市財政への影響について質しました。その結果、消費増税の際に謳われた「消費税は社会保障の財源に使われている」、どころか、盛岡市財政(一般会計)には大きなマイナス効果になっていることが明らかになりました。(下の表参照・・クリックすると大きくなります)

歳入歳出差引-10億7800万円
 市には、国に納められた消費税の中から、地方に「消費税交付金」が配分されます。盛岡市に交付された額は成29年度で、56億4309万5千円でした。その「増収」の影響で、地方交付税が、46億7453万1千円の減額となりました。(※) その結果、実質的な交付金の額は9億6856万4千でした。
 一方、盛岡市が「消費者」として支払った消費税(公共工事の請負費や、物件費、備品購入費・・・などなどに消費税がかかっている)は合計で 20億4666万2千円です。
 ここで差引10億7809万8千円のマイナスとなっています。


税制改正の影響でさらに-5億9000万円
 消費税増税の際には、合わせて「税制改革」と称して法人税の減税が行われましたが、それに伴う、盛岡市の法人市民税の減収が、5億9061万5千円に及ぶことが明らかになりました。
 合計で、盛岡市財政には16億6871万3千円のマイナス効果が明らかになったのです。

 消費税は、市民の暮らしや経済への影響とともに、盛岡市財政にも大きな悪影響を及ぼすことが明らかになりました。
 消費税10%への増税に反対するよう求めました。
Syohizeieikyo


2018年9月12日 (水)

9月議会で一般質問に立ちました

9月10日、一般質問に立ちました。
Img_66261
 テーマは、市長の憲法観(9条、13条)水道民営化の是非、ごみ処理広域化の新施設建設用地選定、放課後等デイサービス、就学援助などでした。

 9条について、谷藤市長は「9条の平和主義を堅持すべき」と答弁。

 13条の「個人の尊厳」を否定する自民党杉田水脈衆議院議員のLGBT差別発言について、市長は「国会議員として配慮を欠いた発言」だと答え、市としてのLGBT支援については「性の多様性に対する市民の理解促進に向け啓発を進める」「平成31年度に第2次男女共同参画推進計画」を見直し、「多様性の相互理解につながる環境整備環境整備に努める」と答えました。

 放課後等デイサービス事業では、障がい児を持つ保護者の皆さんの声を紹介。市の施策充実を求めました。通学への支援制度がない問題については、全国で通学支援を行っている自治体があることを紹介し、市としても検討するよう求めました。

 そのほか、ごみ処理焼却施設建設候補地選定を巡って、市の進め方の問題点を指摘、「クラブ活動費」を就学援助費目に加えることを求めました。

 詳しくは、順次紹介します。

2018年9月11日 (火)

 9月8日(土)、三本柳南町内会が防災訓練を行いました。
 町内会が国土交通省岩手河川国道事務所の指導・協力を得て作成した「水害時の行動ルールブック」(ルールブック)に基づき実施しました。
Dsc_02161

 平成24年度に作成し、今年度一部改訂した「ルールブック」では、北上川の堤防が決壊した場合のわが町内における浸水被害をシュミレーション。
121その結果、30分~1時間以内に、最大5メートルの浸水深に見舞われることが明らかになりました。そのため、避難行動は決壊・氾濫の前に完了させる必要があることを確認。

 その行動のタイミングを、北上川の水位(明治橋水位計)によってきめることとし、明治橋の水位計1・4mで行動開始、同2・6mで避難開始、3メートル(氾濫危険水位)前に避難を完了する・・ということを決めています。
Dsc_02351_2

 今回の訓練では、このマニュアルに従って、防災隊として各世帯に「避難開始」をお知らせし、第一次避難場所へ集合後、市の指定避難場所(見前小学校)まで避難する、その際要支援者への避難支援を行うというものでした。小雨の降り続く中、117人が参加しました。
Dsc_02511_2
 見前小学校では、盛岡南消防署吉田大隊長の指導により、風呂敷を三角布に見立てた応急手当法、物干しざおと毛布を活用し...
た担架づくりと活用法などを教えていただきました。
Dsc_02641_2
 この訓練は、岩手朝日テレビが取材し、13日の夕方放映されるということでした。

2018年9月 4日 (火)

9市議会に「待機児童解消緊急プロジェクト」予算化

 9月定例市議会が9月3日始まりました。28日まで。
 9月市議会に提案された補正予算には「待機児童対策緊急プロジェクト」をスタートする補正予算が計上されました。

 プロジェクトの内容は、
①小規模保育所を新設し、市として0~2歳児の入所定員を150人分確保する ②保育士の宿舎借り上げ事業を実施し、雇用環境の改善に重点的に取り組むというもので、日本共産党市議団が、3月定例市議会の論戦で提案・要望していたものです。

待機児童解消へ、小規模保育所を新設

 小規模保育所の開設計画は、「民間の遊休物件等を活用」して6~7園、「市の都市公園等の敷地を活用」して1園開設するというものです。(開設は民間事業者)
 これまでの市の待機児童解消対策は、民間保育所での「定員弾力化」(定員を越えて受け入れる)が中心でした。

 3月議会で、共産党市議団の鈴木礼子議員が「民間保育園への詰め込みで解消しようとする計画では限界がある。」と指摘し、「市の責任で小規模保育所の開設を」と提案していました。

 9月議会には、そのうち2か所の開設(盛南地区と都南地区)の補正予算が計上されました。

宿舎借り上げで、保育士の家賃を5年間軽減

 宿舎借り上げ支援事業は、保育園が保育士のためにアパートなどを確保した場合、国と市が補助をする制度で、新採用から5年間、保育士の家賃の負担を上限5万5千円まで補助するというもの(実質家賃負担なし)で、10月からスタートします。

 3月議会では、市がいったん計画しながら先送りしたことについて、対応の問題点を指摘し、早急な実施を求めていました。

重度障がい児、多機能通所事業所「つぐみ」開所式

 8月25日、重度心身障がい児に対応する、多機能型通所事業所「つぐみ」の開所式に出席し、お祝いのあいさつをさせていただきました。
40028918_1574653909347177_267194303
「つぐみ」は、放課後等デイサービスと児童発達支援事業を行います。
40004175_1574653886013846_5085083_2
 放課後等デイサービス事業所は、盛岡市内では35カ所目となりますが、つぐみの運営主体は「ワーカーズコープ」。岩手県内では7か所目とのことですが、重度心身障がい児対応としては初めての事業所になるということです。

 この開所式に先立って、22日には滝沢市、八幡平市ですでに放課後等デイサービス事業を行っている方々も含めて、ワーカーズコープの皆さんと、党市議団、斉藤信県議と懇談を行い、障がいをお持ちの子どもさんと保護者のみなさんの置かれている状況や、福祉サービスの充実を求める要望・ご意見を伺いました。

40038087_1574653766013858_563742026

 放課後等デイサービスでとりわけ強調されたのは、学校から事業所までの送迎は、サービスメニューにあるものの、自宅から学校までの送迎は福祉サービスの事業にないため、保護者と事業者の負担になっていることなどが指摘されました。

また障がい児を持つ保護者の皆さんの声として、子どもの数だけの障害の種類があること、その障がいの種類に応じて切実な要望があること、その子の成長過程に応じて悩みがあることもお話しいただきました。

開所式での祝辞では、それらも踏まえて、「つぐみ」が障がい児と家族のよりどころとして頑張っていただきたいこととあわせて、現場の声を行政・政治に届け、一つ一つ改善するためにと力を合わせましょうと訴えました。

開所式の後の懇親会では、余興でオカリナを一曲演奏させていただきました。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »