フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 重度障がい児、多機能通所事業所「つぐみ」開所式 | トップページ | »

2018年9月 4日 (火)

9市議会に「待機児童解消緊急プロジェクト」予算化

 9月定例市議会が9月3日始まりました。28日まで。
 9月市議会に提案された補正予算には「待機児童対策緊急プロジェクト」をスタートする補正予算が計上されました。

 プロジェクトの内容は、
①小規模保育所を新設し、市として0~2歳児の入所定員を150人分確保する ②保育士の宿舎借り上げ事業を実施し、雇用環境の改善に重点的に取り組むというもので、日本共産党市議団が、3月定例市議会の論戦で提案・要望していたものです。

待機児童解消へ、小規模保育所を新設

 小規模保育所の開設計画は、「民間の遊休物件等を活用」して6~7園、「市の都市公園等の敷地を活用」して1園開設するというものです。(開設は民間事業者)
 これまでの市の待機児童解消対策は、民間保育所での「定員弾力化」(定員を越えて受け入れる)が中心でした。

 3月議会で、共産党市議団の鈴木礼子議員が「民間保育園への詰め込みで解消しようとする計画では限界がある。」と指摘し、「市の責任で小規模保育所の開設を」と提案していました。

 9月議会には、そのうち2か所の開設(盛南地区と都南地区)の補正予算が計上されました。

宿舎借り上げで、保育士の家賃を5年間軽減

 宿舎借り上げ支援事業は、保育園が保育士のためにアパートなどを確保した場合、国と市が補助をする制度で、新採用から5年間、保育士の家賃の負担を上限5万5千円まで補助するというもの(実質家賃負担なし)で、10月からスタートします。

 3月議会では、市がいったん計画しながら先送りしたことについて、対応の問題点を指摘し、早急な実施を求めていました。

« 重度障がい児、多機能通所事業所「つぐみ」開所式 | トップページ | »

提案・要望実る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/67131584

この記事へのトラックバック一覧です: 9市議会に「待機児童解消緊急プロジェクト」予算化:

« 重度障がい児、多機能通所事業所「つぐみ」開所式 | トップページ | »