フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 階段昇降に支障のある方、公募によらない低層階への住み替え認める~市建設部長から回答 | トップページ | 責任はだれが持つ? 盛岡駅西口開発~土地開発公社の「赤字」10億円以上 »

2018年11月27日 (火)

会派視察報告 枚方市の障がい児通学支援

 日本共産党盛岡市議団は、2018年11月14日から16日まで、会派視察を行いました。初日の11月14日は大阪府枚方市。通学支援事業をはじめとする障がい児支援施策について、視察し、報告書にまとめました。

  報告書の詳細はこちら→「枚方市の通学支援事業」視察報告書(PDF)

 枚方市の通学支援事業を視察しようとしたきっかけは、8月に開かれた、党市議団と放課後等デイサービス事業に取り組んでいる団体との懇談で、通学に対する支援がなく、保護者が苦労している、という実情の訴えでした。

 9月議会で、このことを質問した際、市の答弁は「福祉サービス事業所では、放課後、事業所に通う複数の子どもを学校に迎えに行き、事業所に連れてくることや、サービス終了後に自宅に送り届けることは行っておりますが、通学時の支援につきましては、朝の限られた時間の中で、個々の課題に合わせた支援が求められることから、対応は難しい」ということでした。

 全国の状況を調べたところ、全国の政令市、中核市、ほか各県の主要都市107市・区を調査した、全国障害学生支援センターのレポート(※)によりますと、35の自治体で通学支援を実施していること、その中で、移動支援とは別建ての事業として実施している枚方市が紹介されており、先進事例として枚方市を視察することにしました。

 ※地域生活支援事業における通学等状況調査報告書(2014年)
http://www.nscsd.jp/Topics/TsugakuShienChosa/

2012年度から実施している障がい児通学支援事業

 枚方市の通学支援事業は2012年10月から実施しています。
障がい者総合支援法に基づく、地域生活支援事業の中の、移動支援事業に位置付け、そのうち狭義の「移動支援」とは別建てで、「通学支援」に特化した事業として実施しています。
 地域生活支援事業のメニューは、市町村の裁量で実施できるもので、盛岡市でも実施可能であることを確信してきました。詳しくは、報告書をご覧ください。

« 階段昇降に支障のある方、公募によらない低層階への住み替え認める~市建設部長から回答 | トップページ | 責任はだれが持つ? 盛岡駅西口開発~土地開発公社の「赤字」10億円以上 »

視察・研修報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506603/67426265

この記事へのトラックバック一覧です: 会派視察報告 枚方市の障がい児通学支援:

« 階段昇降に支障のある方、公募によらない低層階への住み替え認める~市建設部長から回答 | トップページ | 責任はだれが持つ? 盛岡駅西口開発~土地開発公社の「赤字」10億円以上 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31