フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 12月議会の報告① 消費税増税の市内経済への影響、「経済対策」の効果はあるか | トップページ | 2020年新春の集い »

2020年1月 8日 (水)

12月議会報告② 来年度予算編成方針~重点プロジェクト、学校施設整備への取り組みは?

 12月議会一般質問で、来年度の予算編成に関して、市が取り組んできた「重点プロジェクト」、学校施設整備への方針を質問しました。Img_24182
子育てへの経済的負担軽減への取り組み
 子育て支援について、特に経済的負担軽減への取り組みについて質問。
こども未来部長は、現在第2期子ども子育て支援事業計画の策定を進めている中で、今後は、教育・保育の質の充実が重要だとの提言を受けているほか、経済的負担の軽減、遊び場の充実についての要望もある。第一期の検証結果や、これらの提言を踏まえて充実を図りたい、と答えました。
産直施設支援、サンフレッシュ都南の「公設民営化」を
 食と農ものづくり応援プロジェクトの成果と今後の展望について、産直施設の充実、サンフレッシュ都南の「公設民営化」を含めた拡張計画への支援について質問。
農林部長は、産直連合加盟店の年間の目標を100万人としたが、平成30年度は加盟11店舗の合計で約89万人となっている。「販売額5,000万円以上の店舗の割合」の目標を60%としたが、30年度は5店舗で45%だった。引き続きで、生産者と消費者の顔の見える関係を強化し来場者や売上高の増加を目ざしたい、と答え、
 サンフレッシュ都南の拡張計画については、市と事業者間で、立地場所や規模などの協議を進め、市街化調整区域の土地利用の在り方について都市整備部と検討を進めている。今般「公設民営」の相談も受けているところであり、今後、その整備手法も含めて検討してまいりたい、と答えました。
学校施設整備前倒しして
 公共施設整備計画~学校施設の整備計画は前倒しして予算化を確保すべきだと質しました。
教育部長は、学校施設の整備計画で、令和元年度の事業費積算において計画額に対し、事業費が過大となって先送りせざるを得なくなった。設計を見直し、事業費の圧縮を行っており、令和2年度の予算編成では、大規模改修の計画の前倒しなど、学区施設の老朽化対策に努力する、と答えました。

« 12月議会の報告① 消費税増税の市内経済への影響、「経済対策」の効果はあるか | トップページ | 2020年新春の集い »

議会の報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月議会の報告① 消費税増税の市内経済への影響、「経済対策」の効果はあるか | トップページ | 2020年新春の集い »