フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

« 12月議会報告② 来年度予算編成方針~重点プロジェクト、学校施設整備への取り組みは? | トップページ | 健康への思い~闘病記① »

2020年1月 8日 (水)

2020年新春の集い

 1月7日夜、日本共産党岩手県委員会の「新春の集い」が来賓に達増拓也知事を迎えて開催されました。
 Dsc041171_20200108103901 Dsc041111_20200108103901Dsc041091 日本共産党岩手県委員会の菅原則勝委員長が主催者を代表してあいさつしたあと、達増拓也知事からご挨拶をいただきました。
 

 達増知事は、昨年の知事選で初めて日本共産党を含む4野党の推薦を受け、自己ベストの得票で圧勝。震災復興途上での台風19号災害対策に全力で取り組み、誰一人として取り残されることのない政治を地方から実現していくと述べられ、2020年共産党がさらに躍進し、野党共闘を前に進めることへの期待の言葉を述べられました。

 髙橋千鶴子衆議院議員は、トランプ政権がイランの要人をイラク国内で殺害したことについて国連憲章に違反する暴挙だと厳しく指摘し、「新たな湾岸戦争」、「第3次世界大戦」にしてはならないと強く訴えました。また、「桜を見る会」の追及を野党全体で取り組んできたこと、大学入試制度で英語の民間検定試験の導入を撤回させたことなど、野党共闘が進化していることを詳しく紹介し、1月14日からの党大会が、野党連合政権樹立を目指す歴史的な大会になると述べました。
 感動は、髙橋議員が昨年党に迎えたという39歳の青年の話でした。ブラックの職場で体を壊したその青年が、今の政治に怒りを持ちつつも、悲観的に見ていたことについて、「行動し、歴史を動かす側に立って生きてみては」と話しかけて入党を決意していただいたということでした。
 そして、今年予想される総選挙で、自身とともに船山ゆみさんを含めて東北での2議席実現への力強い決意を語りました。
 

Dsc041181_20200108103901

斉藤信県議、神部伸也盛岡市議団幹事長が決意を表明。達増知事、高橋千鶴子衆議院議員と県議・市議団が会場の「団結ガンバロウ」に応えました。
 集いでは、
金野耕司いわて労連議長も来賓の挨拶を行い、木戸口英司、横澤高徳両参議院議員の秘書が紹介され、国内外ともに激動の2020年、安倍政権を終わらせる年にしようの意気上がる集いになりました。

« 12月議会報告② 来年度予算編成方針~重点プロジェクト、学校施設整備への取り組みは? | トップページ | 健康への思い~闘病記① »

駆けある記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月議会報告② 来年度予算編成方針~重点プロジェクト、学校施設整備への取り組みは? | トップページ | 健康への思い~闘病記① »