フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

カテゴリー「国政の革新めざして」の記事

2018年10月23日 (火)

沖縄県知事選挙勝利報告集会

沖縄首長選挙で3連勝
 
 県知事選挙、豊見城市長選挙に続いて県都那覇市でもオール沖縄の城間市長が3万7千票差の、ダブルスコアに近い大差での圧勝をしました。3連勝となった「オール沖縄」の勝利は、安倍政権を追い詰め、全国の市民と野党の共闘を励まします。

Dsc012411
知事選勝利の要因は?・・木戸口参議院議員と4人のボランティアがリアルに報告 

 10月22日夜には、盛岡市内で「沖縄県知事選挙勝利報告会」が県内4野党の共同で開かれました。
 6泊7日間沖縄に入って支援してきた、木戸口英司参議院議員がこの勝利を詳しく報告し、選挙ボランティアで現地で応援してきた、4人の方もそれぞれ報告しました。劣勢ではないかと心配されていた中、なぜ勝利できたのか、待市木戸口さんと4人の方の報告はそれを解き明かすものでした。
Dsc012271
 木戸口さんは、翁長前知事の急逝から玉木デニーさんの擁立に至るまでのことにも触れながら選挙戦の全体像を報告。翁長前知事の遺志をしっかり受け継いだ玉木デニー氏の決意、政権丸抱えで襲ってくる安倍政権に対して「黙ってはいられない・翁長前知事が愛した140万県民を守ろう」と訴えた翁長樹子さんの訴え、ヘイト・フェイクなどの攻撃に対して反撃しつつ「なぜデニーさんか」を前向きに発信した若者たちの取り組み、オール沖縄の闘いを中心にし政党はサポート役にまわり県民の闘いに徹したしたことなど、勝利の要因が語られました。
Okinawahoukoku
 また、応援ボランティアとして活動してきた4氏(北上市の昆野さん、革新懇の高橋さん、民医連の遠藤さん、いわて労連の金野議長)は、活動の中で出会った市民の声、他陣営のすさまじい取り組みなどを報告し、まさに歴史的な選挙戦を、聴いている私たちにもリアルに・感動的に伝えてくれました。
 沖縄のように闘い、参議院選挙で野党と市民の共同で勝利しよう! このことを再確認する報告会でした。

2017年2月13日 (月)

岩手県党会議に、達増知事と3野党代表が出席しあいさつ

 2月12日(日)日本共産党岩手県党会議が開催されました。
 今度の県党会議では、史上初めて達増岩手県知事と野党3党の代表が出席して挨拶し、檀上で団結ガンバロウをした姿は、先の27回党大会の感動を呼び起こすものでした。
P10407102

 1月に行われた第27回党大会で、野党3党(民進、自由、社民)と参議院の一会派(沖縄の風)の代表がそろって出席し、「野党共闘で安倍政権の打倒を!」に向けて連帯することを確認するという歴史的な大会でしたが、その党大会を受けての県党会議もまさに歴史的な党会議となりました。
16729310_1107380149407891_326660669
 達増岩手県知事はあいさつで、震災・台風災害への共産党の取り組みへ評価とともに、一昨年の知事選に当たって共産党がいち早く支持を表明し、無投票当選につながったこと、告示前日の5野党(当時)党首による盛岡での共同記者会見が野党共闘への流れとなったことなどに触れながら、震災・台風災害からのいわての復興への思いを「命を守り海と大地を守るふるさと三陸の復興を」と述べ、とともに、岩手の未来を切り開くために一層の共同を!と訴え、出席者は大きな拍手で応えました。
 民進党からは畑浩二(衆議院岩手2区野党統一候補予定)、

16711471_1107380226074550_191553188
 自由党からは、岩手県連幹事長の佐々木順一県議
16729432_1107380176074555_815499301

 社民党からは岩手県連合代表の小西和子県議が
16684342_1107380172741222_916251597
  それぞれあいさつし、野党共闘の流れをさらに進めようとあいさつしました。
 舩山ゆみ比例代表予定候補の決意表明も素晴らしいものでした。

16684252_1107380146074558_651895520

2016年11月28日 (月)

新しい宣伝カー

 11月27日、共産党盛岡地区委員会が更新した新しい宣伝カーのお披露目街頭演説を行いました。
 まず試運転。都南の津志田ユニバース前で、私がマイクをもち始めて音を出しました。
P10404301
 南スーダンへの駆けつけ警護を付与した自衛隊の派遣を強行した安倍政権の暴走を厳しく批判し、野党共闘と市民の共闘で安倍政権を打倒しようと呼びかけた、日本共産党の第27回党大会決議案などを紹介しました。

 その後、市内東大通亀が池前で、吉田恭子衆議院岩手一区予定候補、斉藤信県議とともに訴えました。
P10404461
 吉田恭子候補は、原発再稼働を許さない決意を、斉藤信県議は、東日本大震災被災者への医療費・介護保険利用料の免除措置が延長になることに加え、8月の台風災害被災者にも適用されるという画期的な成果を報告。野党共闘と共産党の躍進で安倍世間打倒を!と力を込めて訴えました。

 この新しい宣伝カー購入に当たっては、党盛岡地区委員会が党内外に募金を呼びかけ、多数の方からの個人募金約が約600万円寄せられました。車両・音響及び、設備ともに吟味してたもので、音響もベリーグッドなものです。

2016年5月18日 (水)

日本共産党演説会に900人

 5月15日、キャラホールで開催された日本共産党演説会には、地元の「初めて参加しました」という方など900人の方が参加しました。
P10206892
 吉田恭子党岩手県常任委員・参議院岩手選挙区予定候補は、自衛隊員の母親から「今度北海道に勤務地が替わった。海外の戦闘地域に派遣されるのではないかと不安だ。戦争法はなくしてほしい」との声を紹介し戦争法廃止への決意を語りました。また自らも取り組んだ「子ども医療費」署名運動で県政・市政を大きく動かした経験にも触れ、市民運動との共同の力で政治は動かせる、必ず野党共闘実現を、と訴えました。 
 P10207122
 穀田恵二国会対策委員長は、北海道5区の衆議院補選で「ダブルスコアでの圧勝」と言われた自民党候補を僅差まで追い詰めたことを紹介し、野党が共闘すれば勝てることを明らかにし、32の参議院一人区のうち26選挙区で統一候補が決まり、最後の一人まで野党共闘を進めるとの野党間の合意が進んでいることを紹介しました。
 また、消費税10%増税やTPP協定国会批准を阻止し、大震災からの復興を進めるためにも参議院選挙での共産党の躍進を!と訴えました。

・・・・・・・・・・・・

(参加者からの感想~産党盛岡地区党ニュースより)

●初めて参加させていただきました。半年前くらい前までこのような場があることは存じておりましたが足を運ぶ機会はありませんでした。やはりハードルががあるというか、どんな雰囲気なのかを含めて不安だったりしました。今回は友人にお声をかけていただき来てみてよかったです。
 共産党さんが本当に日本の未来のために働きかけていることがよくわかり、私たち母親の心、気持ちに添って国会に声を届けて下さるだろうと思います。衆参ともに協力して子どもの未来のためにがんばりましょう。       (36才女性)

●野党共闘の内容と重要性がよくわかりました。参議院選は本当に大切な選挙ですね。北海道5区は残念でしたが、負けたけど大きな力を発揮したことがわかりました。
 力は小さくともあちこちに呼びかけ大きな輪を広げたいと思います。
(60才代 女性) 

2015年12月 2日 (水)

戦争法廃止の国民連合政府を・・・谷藤市長に届け・懇談 各地の集い・学習会でも

 日本共産党の志位和夫委員長が呼びかけた「戦争法廃止の国民連合政府」の呼びかけについて、12月1日、共産党盛岡市議団と吉田恭子参議院岩手選挙区予定候補が、谷藤裕明盛岡市長に届け・懇談しました。

20151201tanihuji 吉田恭子候補が4歳の子供を持つ母として戦争法を廃止させたい」とあいさつし、庄子から、この呼びかけの3つの柱~①戦争法廃止・安倍政権打倒の闘い ②戦争法廃止の国民連合政府 ③そのために野党の国政選挙での協力~を説明しました。谷藤市長は、今度の提案に対して「思い切った決断ですね」と述べ、憲法を変えるのであれば「国民投票にかけるべきだ」と、解釈改憲への懸念を表明しました。

地域の集い、医療生協の学習会でも

 戦争法廃止の国民連合政府の提案については、11月中に開かれた地域での4カ所の「つどい」で、報告するとともに、11月30日には、盛岡医療生協の「街づくり委員会」の学習会で説明をさせていただきました。どの会場でも、戦争法強行への不安と怒り、暮らし破壊の安倍政権の暴走への怒りの声が出されました。
P10004681
P10004972
P10005801
(写真:上から11月23日三本柳会場、27日西見前会場 30日医療生協学習会  そのほか、11月12日 津志田会場 17日新庄会場)



2015年6月17日 (水)

戦争法案阻止・市政に福祉の心を!

 今日は、早朝 6:30からの朝宣伝(ツルハ前)で訴えた後、午前中開かれた城東地区後援会主催の「くらしと政治を考える集い」に参加しました。
P10104501
 朝宣伝には新しい方が参加してくださいました。80歳を超えてなおお元気で、気概を感じます。「戦争法案は憲法違反だ!」訴えもついつい熱くなってしまいます。
 午前10時からは、城東地区後援会主催の「くらしと政治考える集い」が29人が参加して開かれました。P10104761 私から党市議団の実績と盛岡市議選に向かう政策について報告し、斉藤県議からは「戦争法案廃案」許さない闘いの課題とともに、「震災復興」「子どもの医療費」など県政課題を報告。

 参加者からは「戦争法案を止められるか」「大阪都構想になぜ共産党が反対したのか」などの質問のほか、「安倍は数の論理で押し通そうというのが見え見えだ」「復興所得税を25年間もとっていながら地元に負担を求めるのは問題だ」「賞味期限が切れた自民党政治に代わって登場した民主党に裏切られ頼れるのは共産党しかないと思っている」などの意見も出され丁寧に答えました。まじかに迫った県議選・市議選勝利へのご協力をお願いしました。

2015年5月17日 (日)

戦争立法許すな!  市民の声に応えて

 全安倍政権が戦争立法制を強行しようと閣議決定した14日。全国一斉行動の呼びかけにこたえて初日は都南支部と一緒に2組を作り15カ所で訴えました。
11217507_708484525964124_4620808245

15日は昼デモに参加し、その後夕方5か所で訴えました。
P10100631
 
 市民の方から、はがきとメッセージが届きました。少し長くなりますが紹介します。
▼「米国の手先となって戦争ができる国にしてはならない。このままだと必ず日本は否応無しに再び戦争に引きずり込まれることになると思う。安倍首相は何を考えている人間なのか恐ろしくなります。庄子議員さんどうか頑張ってください。私の兄は予科練に行って20年6月10日、18才で戦死しているのです」(はがき)
▼「・・・私の息子は陸上自衛官です。・・・今、国民の重大なる案件となっている集団的自衛権です。なんで大切な息子を自衛官にさせたのか後悔の念でいっぱいです。近い将来自衛隊も戦争参加もありうると認識を持たざるを得ません。私は戦後生まれですが、戦前の軍国主義に後戻りしていくのでしょうか!こんな政治で本当に良いのでしょうか!抑圧的で攻撃的で、やりたい放題の政治で良いのか!私は生きる気力を失いそうです。政治家の方達 何とかして下さい。お...願いします。」
 
 二つの訴えを読み、まさに身の引き締まる思いです。戦争立法阻止!
5月24日の小池晃演説会の成功を!の思いを新たにし、臨戦態勢で頑張る決意です。

2014年12月18日 (木)

日米共同訓練にオスプレイ不参加!

来年1月27日~2月8日に、岩手県滝沢市の陸上自衛隊岩手山演習場・岩手駐屯地で実施される日米共同訓練(国内における米海兵隊との実動訓練)へ、オスプレイが参加しないことが明らかとなりました。盛岡市から、防衛省(東北防衛局)から入手した情報だとの連絡がありました。

岩手山演習場での共同訓練にオスプレイ参加するな!・・県内の各市民団体をはじめ、自治体からも懸念・反対の声が上がっていました。12月定例市議会で党市議団は神部議員が「世界一危険なオスプレイの参加反対を!」と質問。市総務部長は「住民生活に危険や支障をきたさないよう、十分に配慮するとともに、その内容については、適時適切に情報を提供することなどを申し入れてきた」と答えていました。県民世論が参加を断念させました。

そして、思うことは、総選挙で日本共産党が大躍進したこと、沖縄で新基地・オスプレイ反対の「オール沖縄」が完勝したことと無関係ではないということです。

2014年12月 9日 (火)

安倍政権の暴走ストップ!・・吉田恭子候補の訴え響く

 総選挙の闘いも後半戦から終盤です。岩手一区の吉田恭子候補の街頭での訴えにたくさんの方が聞いてくださっています。私の地域には、4日午前、6日午後に続き9日にも午後に入りました。各演説箇所で、周辺に「まめだすか」(後援会ニュース=部内資料)や電話でおしらせし、3日間で合計150人の方が聞いてくださいました。

10849923_608812399264671_7480524828
10846187_608812589264652_4864328556
10805748_610560515756526_2221633935
10472718_610560639089847_2872318746
 9日には、市議会本会議が午後3時前に終わり、選挙カーに合流、夜の個人演説会まで同行しました。
Kojinenzetukai2

 個人演説会で吉田候補の訴えを聞いた方は、「街頭では聞けないとてもいい話だった」と話していました。また別の方は、「「学校の教頭先生(副校長か?)が、安倍さんは怖いといっていた。日本共産党が存在することがこれほどよかったと思うことはない。私も電話で支持を訴えています」と話してくれました。
 「躍進の可能性」を現実のものにするため、一日一日を精一杯、悔いなく頑張らねば、との思いを強くしています。

2014年11月28日 (金)

一気に総選挙 岩手一区候補に吉田恭子さん

11月21日に衆議院が解散しました。日本共産党は解散までに295小選挙区中292選挙区で候補者を決定(沖縄の3つの選挙区で「反基地建設」の共同の闘いを進める枠組みで戦うため独自候補を立てないため)て総選挙に突入です。

 岩手一区からは、前々回・09年総選挙で一区候補としてたたかった吉田恭子さんの擁立を発表しました(18日)。Yosidakyoko_3
吉田恭子さんの略歴
 
▼1981年紫波町生まれ33才。盛岡二高、和光大学卒。党岩手県青年学生部長・女性児童部副部長。09年衆議院総選挙岩手一区候補。家族は夫と一女(3歳)、義母

 衆議院解散以来1週間。吉田候補を先頭に、充実した、駆け足の一週間でした。    
 23日には急きょ私の地域3か所での街頭演説。
300枚のビラを作って案内し、合計75人が吉田候補の決意・政策を聞きました。
Image112301
 週明けからも朝宣伝、2か所での「集い」、訪問対話での支持拡大。対話で返ってくる反応は「福島の原発事故を経験していて、再稼働をしようという政治家の心がわからない」「年金が5000円も少なくなった。アベノミクス?あんなのは俺に言わせれば 『アベののみのくそ』だ」「戦争は絶対だめだ安倍は怖い」・・・・安倍政権の暴走への怒り・不安の声・声・声です。
10354079_604054466407131_6683950263
 この声にこたえられるのは私たちしかいない。躍進のチャンスを実感しています。このチャンスをものにできるかどうか・・・公示までの4日間、投票までの16日間の闘いにかかっています。

より以前の記事一覧