フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

カテゴリー「県・市政に福祉の心を」の記事

2018年11月14日 (水)

市営住宅、下肢障がい者の高層階からの住み替えなぜできない~市に要望書

 市営住宅の住み替えに関する取扱いの改善について、対象を「車いす常用者」に限っている市の対応を見直すよう、盛岡市長と建設部長宛に要望書を提出しました。

10年間20回応募もかなわず

 この要望のきっかけは、岩手県難病・疾病団体連絡協議会(岩手県難病連)からの一通のFAXにありました。
 エレベータのない市営住宅の4階に住んでいる方が、病気のため下肢に障害を持ち、階段の昇り降りが困難なことから、1階への住み替えを希望したが、抽選で落選し10年間、20回も落選し続けている。『公平な取扱いだ』とのことだが、何とかならないのか・・ということでした。この方のことについては、2016年1月の岩手日報に報道されています。

「車いす常用者に限る」という盛岡市の線引き

 盛岡市営住宅条例5条で、「市長は,次の各号に掲げる理由のいずれかに該当する者については,公募を行わないで市営住宅に入居させることができる」と定め、その理由の一つとして、(7)において、「・・・既存入居者又は同居者が加齢,病気等によって日常生活に身体の機能上の制限を受ける者となったこと・・・」を定めています。

 にもかかわらず、なぜ20回も応募しつつ、抽選で当たらないから駄目だとなっているのか・・盛岡市の担当課に説明を求めたところ、この条例の取り扱いについて盛岡市は、①公募によらない住み替えが可能なのは「車いすを常用しているもの」に限っており、②それ外の方(下肢に障害があっても『車いす常用』ではない方)については、定期募集への応募を認める。ただし、抽選になった場合当選確率が高くなるよう配慮をしている、というものでした。

 条例の運用で、このようにさらに厳しい線引きをしている法的根拠は何か、いつからこのような取扱いになっているか、と説明を求めても、担当課からは明確な根拠が示されませんでした。

こんな線引きは他市にはない

 この線引きは、果たして妥当なのか・・・盛岡市議会事務局を通して、東北の主要都市のこの問題の取り扱いを調査し、それぞれの市に直接問い合わせたところ、盛岡市の対応は、少なくとも東北の県庁所在都市の中では他に例を見ない特殊なものだということがわかりました。

 他の県庁所在都市にも、盛岡市の条例第5条(7)と同じ趣旨の条文があり、その運用については盛岡市のように「車いす常用者」に限定している市は他にはありませんでした。仙台市が「下肢4級以上の障害」を規定しているほか、青森市、秋田市、山形市、福島市においては、障害級別の規定は特に設けず、「医師の診断」を基本に個別に判断するという取扱いとなっていたのです。

「公平」の名で、障害者の切実な願いに背を向ける態度

 この取り扱いによって、10年間も応募し続け落選で泣いている市民が生まれているのです。市の担当課の説明は「公平な取扱い」だということでした。
 しかし、10年にもわたって、応募し続けさせながら「落選だから仕方がない」という態度では、結果として市の対応は障がい者の切実な願いに背を向けたものであって、障がい者の人権を顧みない対応であったと言わざるを得ないものです。

せめて東北の各市並みに改善を

 要望では、こうしたことを踏まえ、このような、①東北の他の県庁所在都市にはない特殊な定めとなっている理由と根拠を、どの機関が、いつ定めたのか ②こうした取り扱いによって、10年間も願いかなわずという市民が生まれたことへの見解はどうかと、振り返りつつ、③東北の他都市の水準まで早急に改善する・・」ことを求めました。
 この要望に対しては、文書での回答を求めました。

2015年7月 6日 (月)

斉藤信、庄子春治励ます集い

 7月4日午前、議会報告を兼ねた「斉藤信、庄子春治励ますつどい」はキャラホールの小ホールで開かれました。

P10106981
 私と斉藤信県議が議会の報告と合わせて決意を表明、川久保病院の小野寺けい子小児科医師、私の地元の「励ます会」の藤澤代表から激励の言葉をいただき、城東地区、湯沢地区、乙部地区のそれぞれの後援会の代表がともにたたかう決意を述べてくれました。
P10106932
オープニングには、仙台D51合唱団のトップテナーの佐々木伸介さんが、自作の曲を3曲披露。憲法9条を守ろうという強いメッセージのこもった歌で、心にしみました。
P10106881
 いよいよ、本番目前!党と後援会の総決起への集いとなりました。

20か所で街頭宣伝

 午後には、都南支部と私で2組で街頭宣伝。合わせて20か所で訴えました。
P10107031
P10107121
 演説中に帰ってきた方はさっそく私のところにきて「10票は大丈夫だよ」と。また別の場所では訴えを終わって出発しかけたところに出てきてくれた方が、「入浴中だったから出て聞けなかったが、応援している。がんばれ!」と、激励を受けました。

2015年6月28日 (日)

ごみ処理広域化改革の撤回を!・・「求める会」発足

盛岡市など3市5町のごみを盛岡市に集めて焼却処理しようという「ごみ処理広域化計画」について、「撤回を求める会」が今日発足しました。
P10106661
盛岡市は「建設場所は未定」などと言っていますが、市の計画はどう見ても、現クリーンセンター建設の際の地元住民と市との「覚書」~建て替える場合は「分散型で」という約束~を反故に可能性が高いものです。
6月議会の一般質問で、私もこの問題を取り上げました。
今日の「撤回を求める会」の結成総会では、佐藤信安さん(元岩手大学教授・工学博士、盛岡市ごみ減量資源再利用推進会議委員)が40分にわたって講演。
P10106071

参加者から熱心な討論が行われ、発足にあたっての「呼びかけ」や「会則」も確認し、学習会や署名運動を通じて広域化計画の撤回を求めていくことが確認されました。市の計画は明らかに現施設の建て替えを前提にしているとしか考えられないものです。「覚書」を守らせ、現施設での建て替えができなければ、広域化計画そのものの「一番コスト安」という前提も崩れるものです。地元の住民の皆さんが声を上げ、ごみ行政がどうあるべきなのか、市民全体で考える運動に発展することが期待されます。

2015年6月25日 (木)

子ども医療費助成拡大へ~来年度から小学生通院費、早期に中学生も・・・谷藤市長が6月議会で答弁

開会中の盛岡市議会6月定例会で谷藤市長は、共産党市議団の神部議員の質問に子どもの医療費助成について「来年度から小学生の通院費まで拡充する」「早期に中学生までの実現をめざす」と答えました。

7万人にせまる署名

 昨年9月に発足した「子どもの医療費拡充を求める県民の会」が取り組んできた署名運動は7万人に迫る勢いで広がっています。この運動が岩手県を動かし、盛岡市も動かしました。

党議員団の論戦も

 共産党盛岡市議団も、拡充を求め毎回の議会で質問。 盛岡市が子どもの医療助成で「県内最下位」にとどまっていることなど、市の姿勢を批判しながら粘りづよく改善を求めてきました。
 県民の運動と共産党市議団の論戦によって「一歩前進」となりました。

市長答弁は次の通り

「・・多くの市民、特にも子育て世代の皆様が強くの望んでおられる子ども医療費の無料化は、子育て施策全体の中でも特に優先度の高い施策であると判断し、解決すべき課題はありますものの、来年度から小学生医療費助成を通院まで拡充する方向で準備を進めてまいりたいと考えております。
 また、中学生までのさらなる対象拡大につきましても、引き続き、財源確保の努力をしながら、できるだけ早期の実現を目指してまいりたいと存じます。」

2015年6月17日 (水)

戦争法案阻止・市政に福祉の心を!

 今日は、早朝 6:30からの朝宣伝(ツルハ前)で訴えた後、午前中開かれた城東地区後援会主催の「くらしと政治を考える集い」に参加しました。
P10104501
 朝宣伝には新しい方が参加してくださいました。80歳を超えてなおお元気で、気概を感じます。「戦争法案は憲法違反だ!」訴えもついつい熱くなってしまいます。
 午前10時からは、城東地区後援会主催の「くらしと政治考える集い」が29人が参加して開かれました。P10104761 私から党市議団の実績と盛岡市議選に向かう政策について報告し、斉藤県議からは「戦争法案廃案」許さない闘いの課題とともに、「震災復興」「子どもの医療費」など県政課題を報告。

 参加者からは「戦争法案を止められるか」「大阪都構想になぜ共産党が反対したのか」などの質問のほか、「安倍は数の論理で押し通そうというのが見え見えだ」「復興所得税を25年間もとっていながら地元に負担を求めるのは問題だ」「賞味期限が切れた自民党政治に代わって登場した民主党に裏切られ頼れるのは共産党しかないと思っている」などの意見も出され丁寧に答えました。まじかに迫った県議選・市議選勝利へのご協力をお願いしました。

2015年6月15日 (月)

盛岡市の財政調整基金 100億円を超える

 自治体の出納閉鎖は5月31日。平成26年度の盛岡市の財政も出納閉鎖されました。その段階での盛岡市の財政調整基金の残高(速報値)が明らかになりました。
 25年度末から、約7億3千万円積み増しし、102億9500万円と、100億円の大台を超えました。谷藤市政が始まってから実に9倍以上です
。(下のグラフ・・・クリックすると大きくなります)

Zaityomorioka20151 一方、盛岡市は子育て支援策では、県内最下位です。子供の医療費では対象年齢で県内最下位です。また、子どもの貧困対策として重要な「就学援助」では、対象費目に加わった3費目(クラブ活動費・生徒会費・PTA会費)を実施していないのです。(下表・・クリックすると大きくなります。注「子どもの医療費」の表にある矢巾町は、6月議会に「3年生までの通院費」の予算を提案し、8月から実施の予定です
Kosodatesien11 盛岡市は、他の自治体が対象年齢改善に取り組んでいるとき、逆に5000万円も予算を削ったのです。
 「盛岡市に足りないのは、『お金』でなくて『福祉の心』だ」と、指摘する所以です。自治体は「営利企業」ではありません。市財政を有効に活用して「福祉の増進」という本来の役割を果たすべきです。


 

2015年5月30日 (土)

斉藤信県議とともに「戦争法許すな」の宣伝・対話行動

 今日(5月30日)午前中に私の地域に入った斉藤信県議。宣伝、訪問・対話に頑張りました。

P10102621
 前半は支部の人と私の地元の地域30軒を訪問し在宅だった20人と対話。その後スーパー前など2カ所での街頭宣伝を挟んで後半は私と訪問行動を行いました。この行動の中で4人の方が「しんぶん赤旗日曜版」の読者になってくださいました。

共産党演説会「我が意を得たり」
自分も戦争経験者、安倍のやり方許せない

 購読した方の一人は先日の演説会にも参加して下さった方で、演説会後私に「24日の共産党演説会我が意を得たりでした、又1000名もの聴衆を動員できるのも共産党さんでしょう。今の安倍政権の暴走を阻止するのは残念ながら共産党だけでしょうね。頼りにしてた野党はどうなったのでしょう、又自民党内でも今の政権には相当の異論があることは想像できますが、なぜこうまでのやる気のない議員ばかりでしょう。この辺でやめておきます。楽しくそして意義のある演説会でした。」とのメールをいただいていた方でした。そして今日の訪問の中では「自分も戦争体験をしている。朝鮮から引き揚げてくる途中何人もの人が犠牲になった。そんな体験をしている自分から見れば安倍のやり方は許せない」とおっしゃっていました。

2015年5月21日 (木)

子ども医療費無料化を中学校卒業まで!・・子ども医療費岩手の会がつどい

 5月16日、ふれあいランド岩手で「ホップ!ステップ!ジャンプ! 子ども医療費岩手のつどい」が開かれました。(主催:子どもの医療費助成制度拡充を求める岩手の会 以下「岩手の会)
P10100961

6万5千を超える署名運動が県政を動かす

 昨年9月に結成した岩手の会は135団体150人を超える個人が参加する会に広がり、①中学校卒業まで、②窓口負担のない現物給付化を求める署名も6万5千人を超えました。
 昨年12月県議会に提出した請願が全会一致で採択され、岩手県は、①来年度から就学前までの子どもの医療費の「現物給付」化し、②助成対象を今年8月から小学生の入院費まで拡大することにしました。

一歩前進を確信にさらに運動を広げよう

 つどいでは、高校卒業まで医療費無料化を実施した西和賀町長の細井洋行さんが「生命尊重・西和賀における子育て支援」と題して講演、子どもを持つお母さん、元養護教諭、矢巾の会の代表のリレートークのあと、事務局からこれまでの運動の経過が報告され運動の到達点とその成果が報告されました。
 会の共同代表の小野寺けい子さんから、今後の運動の方向として、①岩手県に対していっそうの拡充を求める新たな署名運動を12月県議会向けて取り組むこと、②各市町に対しても、岩手の会と連携しながら運動を展開すること、特に、県内で最も遅れている盛岡市への運動などが提案されました。


県内で最も遅れた盛岡市への運動を

 会場からの討論では、県内自治体の中でも、盛岡市が最も立ち遅れていることについて指摘され、盛岡市への運動を強めることを確認しました。(下の表はクリックすると大きくなります)Kodomoiryohikaku201505_2


 

2015年5月13日 (水)

盛岡市政を考えるシンポジウム

5月10日、盛岡革新懇が主催した「盛岡市政を考えるシンポジウム」が開かれ、145人が参加しました。
 シンポジウムでは、4人のパネリストがそれぞれのテーマで発言。庄子もパネリストとして「谷藤市政12年間を振り返って」とのテーマで報告しました。
Siseisinpo

「不名誉の黒字」を作った谷藤市政

 庄子は、谷藤市政の12年間の最大の成果として「財政再建」を自賛していることを紹介。起債が減っていることや、積み立てた基金が増加していることなどは事実だとしながらも、

①子どもの医療費助成では県内最下位にとどまっていることや小中学校の老朽化対策がなおざりにされていることなどを告発し、
②財政再建の手法で行ってきた「施策ごとの枠配分方式による予算編成」が事実上サービスや補助金カットの手法にされていること
③「官から民への掛け声で進められている民営化で、「官制ワーキングプア」を作っていること・・などを告発。

 住民要望に「金がない」と背を向けながら基金を5倍にもため込んだことについて、「前市政時代の、身の丈を超えた公共事業で作った『不名誉の赤字』を理由に、住民サービスを極端に削り、やることもやらないで作った『不名誉の黒字』ではないか」と批判しました。

学校給食、保育所、ごみ処理広域課の問題点

 新婦人盛岡支部の猪木洋子事務局長は、学校給食の全校センター化計画を1万人以上の署名を集めて見直させたと報告。
 元わかば保育園長の櫻庭志美子さんは、市民の反対を無視して強行した公立保育園を順次民営化して、子どもや保育者が影響を受けていると発言しました。
 元岩手大学教授の佐藤信安氏は、県央ブロック(8市町)のゴミ処理広域化計画で、既存の6施設を盛岡市の1か所に集約し処理する手法が検討されていると告発。撤回の声を上げ、ゴミ減量・資源化の推進を要請しようと訴えました。
 シンポジウムでは、会場からの発言も含めて討議し、8月の市長選立候補予定者にアンケートをお願いすることになりました

2013年2月 6日 (水)

ふつふつとわいてきた怒り・・・「体育館で授業」の浅岸小学校を訪ねて

 今日(2月6日)、盛岡市立浅岸小学校を鈴木礼子市議(幹事長)と訪問してきた。帰ってきて撮ってきた写真を整理しているうちに、ふつふつと怒りのようなものがわいてきた。 

 浅岸小学校では昨年6月から体育館に「間仕切り教室」を作り、そこで授業をしている。P10002501
 一昨日(4日)の岩手日報の記事でそれを知って、急きょ訪問したのだ。

 岩手日報の記事には、「耐震強度不足 校舎使えず 冬もここで 体育館授業」とある。一昨年度の第2次耐震診断の結果、耐震強度不足で校舎が使えなくなり、全児童5人が体育館をべニア板で間仕切りをした「教室」で授業を受けており、10年に一度といわれる盛岡の厳しい寒さの中で、あの手この手の防寒対策と、その中でけなげに学んでいる子供たちの様子を伝えている。

 午後2時前に学校に到着し、校長の佐々木則子先生からお話を伺った。

 浅岸小学校は現在児童数5人。126年の歴史のある学校だが市教委の学校適正配置計画の中で閉校案が示され、地域住民も苦渋の選択でこれを了承し2014年3月をもって閉校することになった。そんな矢先に今度は昭和42年建築の木造校舎が、耐震診断の結果使えない、となったのだ。昨年4月に赴任した佐々木則子校長も少なからず驚いたという。お話からは児童も、父母も地域の方々もその対応に苦慮した様子がうかがえた。

 市教委からは、山岸小学校の一角に「浅岸小学校」の看板を掲げて校舎にしてはどうか・・という案も示されたというが、子供たちが「自分たちの学校で学びたい」、父母や地域の方も「子供たちが学んでいるなかで閉校を迎えたい」・・という強い思いで学校に残ることとし、昨年6月から体育館(昭和63年度に新しい耐震基準で建築)での授業を選択したということだ。

 佐々木校長先生は、体育館で授業を行うということを選択するにあたって、夏には暑さ対策で網戸をつけてもらったことや、乗り切れるかどうか心配されていた冬、べニアで間仕切りをした「教室」の上部をビニールで覆い、当初ブルーヒーターだけだったストーブに加え、3学期から煙突式のヒーターも設置し、定期的な換気の必要がなくなったことなど「教育委員会の配慮」に感謝している旨語ってくれた。

 しかし、体育館内に間仕切りをした「教室」をみて、とても複雑な思いをした。そしてそれは怒りにかわってきた。

 まず、このことを知らなかった自分自身に対してだ。昨年9月議会で行った私の質問に対して教育長は「Is値 0.3未満の(見前小学校の)1校1棟は、同校の 0.3以上 0.7未満の校舎とともに、今年度に耐震化事業に着手する。Iw値 0.7未満の木造3校3棟のうち、下小路中の1棟(体育館)と大田東小の1棟は今年度着手するが、浅岸小学校は、盛岡市小中学校適正配置基本計画の策定状況を勘案しながら、今後の対応を検討する」と答えている。その後どう対応しているのか教育委員会から一切の説明がなかったが、それを見過ごした自分も問題だ。

 
同時に、教育委員会の対応にも大いに問題ありではないかと強く感じた。

 まず第1に、どのような考えでこのような対応になったのか、という疑問だ。閉校を受け入れ、しかも閉校までここで学びたい、という子供たちや地域住民の思いに教育委員会はどうこたえようとしたのだろうか。体育館の間仕切り「教室」しか選択肢はなかったのだろうか、ということだ。

 第2に、体育館の間仕切り「教室」を選択したのならば、その環境を最大限に整えるという配慮に欠けていたといわざるを得ない。

 12月までは「ブルーヒーター」のみで、定期的な換気のために室温が下がって寒かったということだ。3学期から「煙突」式のヒーターが入って換気が必要なくなったというが、なぜ最初から設置しなかったのか。教室の片隅に防寒靴が置いてあった。校長先生によれば「教室」の中の寒さ対策で支給されたという。ブランド品ということだがが、本来の暖房対策をおろそかにして「防寒靴」でことを済ませよう考えたとするなら「本末転倒」と言わざるを得ない。
P10002451
 間仕切り対策も問題ではないか。2つの「教室」を仕切るのはべニア板とビニールで、隣の声は筒抜けだ。出入り口はビニールで、机や卓球台で抑えており、出入りするたびにその机や卓球代を動かさなければならず、その押さえが少しでもずれれば冷たい風が入ってくるのだ。
P10002441
 その気になればもう少しましな「教室」を作ることができるはずだ。

 
この体育館の間仕切り「教室」は2~3か月間の「応急手当」ではない。「閉校」する来年の春まで、2回の夏と冬を過ごすところではないか。よもや「閉校」を迎える学校に金をそんなにかけられない・・などと考えたのではあるまい。もう少し考えようがあってしかるべきだ。