フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

カテゴリー「脱原発!」の記事

2018年11月 6日 (火)

福島被災地視察研修ツアーに参加して ① ~「異質の災害」を目の当たりに

 11月1日~2日、盛岡医療生活協同組合が企画した「福島原発被災地研修・視察ツアー」に参加し、初めて原発事故の被災地を見学し、また、お二人(福島原発避難者訴訟団長の早川篤雄さん、浜通り医療生協前理事長 いわき訴訟団長の伊藤達也さん)のお話をお聞きしてきました。

「異質の災害」を目の当たりに
~荒れた農地、残された牛、タイムスリップした中学区体育館

★フレコンバックの山々 
 
 朝7時半に出発したバスは、東北自動車道から仙台東道路を経て常磐自動車道を南進し、やがて福島県入り。原発事故の二葉郡に近づくにつれて、シートで覆われた大量の汚染度の詰まったフレコンバックが目に入ってきました。
Dsc014511_2
 常磐道の四倉パーキングで合流し、現地のガイド役を務めていただいた浜通り医療生協の専務理事のお話では、フレコンが中から成長した植物などで破損し、汚染土のほこりなどの飛散を防ぐための覆いだということでした。
フレコンバックの汚染土は、各地域に設置された焼却施設で焼却処理を行い、減量の上放射線物質の含有8000Bq/㎏以下のものは「公共事業の盛り土などに限定して」再利用するという、バラマキをしようとしているということです。それにしても、いつまでかかるのか、果たしてその処理方法で問題がないのか、といくつかの??が付くものです。

★7年8カ月経った現実~異質な原発災害を告発する数々 
 浜通り医療生協専務理事のガイドで、原発事故後7年8カ月を経た被災地~楢葉町から、富岡町、福島第一原発立地町の大熊町、双葉町、浪江町を視察しました。
 原発事故によって避難指示が出されていた周辺の12市町村のうち、3市町では解除され、残った9町村でも「解除準備」「居住制限」「帰還困難」に分けられています。(下図 クリックすると大きくなります)
Hukusima
 視察した楢葉町は「解除」、それ以外は3種類が混在しているという状況で、その制限により視察は主にバスの車窓からではありましたが、そこで見たものは、原発事故の悲惨さであり、他の自然災害や事故にはない、「異質の被害」の現実でした。

▼カウンターの警告音 バスに積まれた放射線のカウンターは、最初は「ピッ・ピッ・ピッ」となっていましたが、事故現場に近づくにつれてその間隔が短くなり、双葉町では、ほとんど間隔のない「ピピピピピ・・・」と明らかに線量が高いことを知らせていました。

▼道を挟んで「帰還困難」と「避難指示解除」 富岡町では道路一本を挟んで「解除」と「制限」に分けられている、その道路を進みました。
 右に見える「制限」地域は、農地は荒れ放題で、まさに原野化した姿が目に入りました。
Dsc015301
 その地区にあった「牧場」(写真下のバリケードの右後方に観る林の先)では、木々の間から野生化した何頭かの牛を見ることができました。
Dsc015291
 事故後そのまま放置された牛が、どのようにして生きてきたのか。牛の生命力に対する思いとともに、それを放棄せざるを得なかった農家の無念さを感じました。
 一方、左側の「除染済み」の農地。
Dsc015631
 畔の高さと田んぼの表面の段差が、普段見ている田んぼとは明らかに違う深さで、表土をはぎ取った姿がくっきりとみてとれました。
 「制限区域」では、各家の前にバリケードが置かれ、自宅にさえ入ることを拒否されている姿がありました。
Dsc015271
 しかし、解除された片方の地区にどれだけ人が戻っているのか。気配はまばら、ロープの張られた「空き家」も。
Dsc015091
 住む人のいなくなった家が泣いている。

▼タイムスリップした中学校体育館、家電量販店 富岡町で、バスからおりて見学したのは旧富岡第2中学校でした。
 

Dsc015111
 校門から入ると、ススキが生え、一見して「廃校」となったことがが分かるところです。入り口からガラス越しに見える体育館の中は「第64回卒業証書授与式」の看板が掲げられていました。
Dsc015141
 一時期「避難所」になった、そのままの姿をしていました。まさに「タイムスリップ」した状況でした。
 また、避難区域には様々な建物が残されていますが、ガイドのかたが「もっとも悲惨だったのではないか」と紹介したのが、家電量販店の「ケーズデンキ」の建物でした。
Dsc015391
 震災直前に完成し、4月のオープンを待つというときに発生した原発事故で、放棄せざるを得なかったのです。まだ真新しさを感じさせる建物が「アレッ みんなどうしたの? どうして僕を使わないの??」とでも不思議がっているかのようにさえ見えました。

 岩手・宮城の被災地においても「復興道半ば」という現状ですが、福島は、地震・津波の被害に加え、原発事故が重なり、まさに「異質」の災害となっているのです。
 今回、その現地で、被害の一端を目の当たりにして現実を知り、「フクシマを忘れるな!」「ノー モア フクシマ」の思いを強くしてきました。(つづく)

2017年1月11日 (水)

NHKスペシャル 「原発事故から5年目福島からの報告」に学ぶ

 今朝(1月11日)の朝宣伝は、キリリと身の縮む冷え込みのなかでした。
P10406791
 一昨日のNHKスペシャル~「それでも生きようとした 原発事故から5年 福島からの報告」でうけた衝撃を紹介し、原発事故が人々から何を奪ったのか、その大きさをあらためて知らされたこと、原発再稼働を進める安部政権へのいかり、安部暴走政治打倒への思いを訴えました。
Dsc_31321
「あいまいな喪失」・・災害から4年目なって急激に増加する福島の自殺率

 NHKスペシャルで紹介された2組の方々の自殺(農業再開の希望を奪われ自殺した89歳の男性、米づくりと地域の再生にチャレンジし、放射線物質の汚染ゼロの米作りに成功したにもかかわらず米は売れず、その後の様々な挑戦もむなしく自殺した30歳台の若い夫婦)には胸がいたみました。
 福島では、原発事故から4年目から「自殺率」が急激に増加しているということです。福島県立大学の前田正治教授は福島の被災者に特有の「あいまいな喪失」がその要因のひとつだと指摘されました。
 いつ終わるのか、戻れるはずが戻れない・・・という、目に見える財産などを失う喪失とは異質の、時間とともにより深刻になる喪失感ということでしょうか。

「異質な被害」もたらす原発事故・・・再稼働などとんでもない

 原発事故がもたらす、他の災害にない「異質の被害」がはっきりと現れているのです。
こういう苦しむ人々を置き去りにするかのような原発再稼働など許せない!原発ゼロ!への思いを新たにさせれました。

 報道姿勢に批判の多いNHKではありますが、こういう番組には拍手を送りたいと思います。ちなみに、担当した鎌田靖キャスターは、以前に「ワーキングプア」の現実を紹介したキャスターだったように記憶しています。

2016年11月28日 (月)

原発再稼働STOP! 全国交流集会 ① 記念講演を聴く

 12月27日(日)「原発再稼働STOP!どうする核のごみ!全国交流集会 in岩手」が開催され、午後の部から参加、講演と討論を聴きました。

P10404571
 岩手県には、原発や関連施設はありません。原発等の非立地地域で開く初めての交流集会ですが、岩手県が高レベル放射性物質最終処分場の候補地になっていることもあって開催されたということです。
 
 講演は、東京工業大学名誉教授の今田高俊氏。「高レベル放射性廃棄物の最終処問題をめぐる日本学術会議の『回答』と『提言』について」講演しました。
 今田名誉教授は、原子力委員会からの要請を受けて設置した日本学術会議の検討委員会の委員長をされた方です。
 使用済み核燃料の「再処理」後の高レベル放射性廃棄物の最終処分地(政府の方針~ガラス固化したうえで地下300メートルに埋める「地層処分」)が何も決まらない状況の下、ガラス固化体で2万7千本分にもたまった高レベル放射性物質の存在を現実的にどう取り組むか・・学術的な検討を加え、提言したということです

社会的合意形成についての3つの困難

 回答では、まず「なぜ、最終処分地が決まらないのか」に関して、●エネルギー政策・原子力政策における社会的合意の欠如のまま、高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定への合意形成を求めるというのは本末転倒だ。・・・原発をどうするのかがまず先だ、ということか●超長期間(万年、10万年単位)にわたる放射性物質による汚染発生可能性への対処の必要性があること。万年~10万年単位で、言語や文化の変化が起こること ●最終処分地として、過疎地域があげられ、「受益圏」と「受苦圏」の分離を生む問題・・の3つの困難を指摘しています。

6つの提言と具体的政策提言

 こうした困難を踏まえて、社会的合意形成に当たって 6つの提言(①政策の抜本的みなし ②科学的・技術的能力の限界の認識と科学的自律性の確保 ③暫定保管および総量管理を柱とした政策枠組みの再構築 ④負担の公平に関する説得力のある政策決定手続きの必要性(世代間・地域間) ⑤討論の場の設定による段階的合意形成の手続き ⑥問題解決へ長期的な粘り強い取り組みが必要であるとへの認識)を提言したとのことです。つまり、後先考えずにまず原発を動かし続けてあとから最終処分を考えるという政策を転換し、高レベル放射性廃棄物の総量の上限をどうするのか(いつまで続けるのか・・)をまず考えるべきだ。「安全神話」にとらわれず、政府や原発ムラなどから自律した専門家で検討すべきだということです。
 具体的には、
●現在ある高レベル放射性廃棄物については、「暫定保管」(乾式で密閉機能を持つ容器等による地上保管)が望ましいこと、暫定期間は50年(容器の耐用限度)とし、その間に最終処分のための合意形成と立地候補地選定する
●暫定保管・最終処分候補地の選定等に当たって、立地候補地とともに圏域(近隣自治体)の意向を十分反映する。
●将来世代への責任ある行動をとるべきだとして、将来世代への責任を真摯に反省し、原子力発電の再稼働の判断には、あたらに発生する高レベル放射性廃棄物の暫定保管に関する計画策定を条件とすべき・・・
 などが提言されたということでした。

 現に、高レベル放射性廃棄物が大量に存在する下で、その処分の社会的合意形成を図る現実的な対応をまとめたものと言えるものですが、少なくとも、この提言の趣旨から見ても、今の安倍内閣の「原発再稼働」路線の転換が、前提になるという提言であると理解しました。


 

2014年6月 5日 (木)

盛岡市場のメガソーラー・・・順調に発電

 盛岡中央卸売市場に設置された「メガソーラー」発電は、今年の4月から稼働をはじめ、計画値を上回る発電をしています。

 市場施設の屋上の一部と、市場敷地内の緑地部分に設置された太陽光パネルは、あわせて6076枚。
P10006361_2
P10006351_3
 設置面積は合計9964.64㎡で発電出力は1・6MWで約370世帯の一般家庭で使用する量に相当する発電量です。温暖化防止効果は年間497,000㎏‐CO2の温室効果ガス排出量の削減に相当(杉の木換算で35,500本が1年間で吸収する量に相当)するということです。

   稼働以来の発電実績は、4月が、207911kwh、5月が231910kwhで、それぞれ想定発電量の119・7%、118・8%でした。
 市場へのメガソーラー設置は、2012年3月議会の代表質問で庄子議員が提案。市が売電事業者として設置しました。

2014年5月24日 (土)

ひさびさに「脱原発盛岡金曜デモ」

 昨日(5月23日)久々に、脱原発盛岡金曜デモに参加しました。 市議団会議で、「躍進月間」の目標を確認するとともに、安倍政権の暴走と闘う一点共闘を広げる取り組みについても意思統一し、団として毎回参加できるようにしようと確認しました。

P10004771

P10004821
 「大飯原発さしとめ訴訟で画期的な判決がでたからこそ、私たちの運動が大事になっている」という主催者の方の訴えがあり、まさにその通りだと感じました。

 盛岡では、金曜の夕方のほか、毎月11日昼にも「金曜デモ」と同趣旨の行動を行うことになったということです。最初は6月11日、午後1時~もりおか歴史文化館前から、ということです。

2013年2月 2日 (土)

盛岡金曜デモ

 2月1日、久々に「脱原発盛岡金曜デモ」(盛岡でもデモし隊)に参加しました。
 
P10002281 先週、マイナス6度という厳寒の中でも37人が参加したということでしたが、今回は冷え込みも少し緩み、参加者も58人と増えました。
 手作りの横断幕を持ってくる方、100円ショップの提灯や、ポスターなどを掲げて、それぞれの皆さんの「脱原発」への思いが込められたデモでした。
 「大地震や津波で全電源喪失という事故に備えるべきでは」との日本共産党吉井英勝衆議院議員(当時)の質問に「安全対策が取られている」と答弁していたのは、安倍首相でした。「安全神話」を振りまいてきた、まさに原発事故の戦犯です。再稼働許さず、ましてや新増設は許さない!・・・金曜デモは続きます。

2012年12月28日 (金)

21回目の脱原発盛岡金曜デモ

 今年最後の「脱原発盛岡金曜デモ」が行われました。用事を済ませて、どうかなと思いながら会場に向かいましたが、どうにか間に合って参加ました。
Dsc018741 
 
 

 昨日までの極寒からは少し緩んだものの厳しい寒さの中、73人が参加しました。7月から始まったこのデモも、21回目とのことです。
 デモ終了後には、暖かい甘酒もふるまわれ、「今度の総選挙の結果は原発推進勢力が多数を占めたものの、原発を止めるかどうかは私たちの運動だ。息長く頑張ろう!」と 意気高く今年のデモを終えました。
 新年は1月4日から始まります。来年といっても 来週のことです。

2012年12月26日 (水)

久しぶりに金曜デモに参加 

 

12月21日の金曜日、久しぶりに「脱原発盛岡金曜デモ」に参加しました。
P10903581
 この日は、12月議会最終日。夏の暑い中始まった盛岡金曜デモも、厳寒期の雪の中でのデモとなりました。選挙中つかえなかった言葉も解禁となり「原発なくせ」「再稼働反対」「子供を守れ」「未来のために」と唱和しながら行進しました。
 総選挙の結果、自公の原発推進勢力が国会の多数を握りました。国民の、市民の「原発反対!」の声と運動はますます大きくしていかなければなりません。
 今年は、28日の金曜日が最後のデモになるとのことです。

2012年10月24日 (水)

今度は「やまどり」から・・放射性物質が基準値を超え出荷制限

 10月24日、議会を通じて「岩手県内において捕獲されたやまどりの肉の『出荷制限指示』について」の知らせが市から届きました。放射背物質が基準値を超えたことによるものです。
 これで、盛岡市に関係する国からの出荷制限の状況は次の通りとなります。
 (1) 平成24年5月10日  盛岡市産原木生しいたけ(露地)
 (2) 平成24年5月11日  盛岡市産コシアブラ
 (3) 平成24年5月11日  ウグイ(北上川のうち四十四田ダムの下流(支流を含む。ただし, 御所ダムの上流,外山ダムの上流,綱取ダムの上流を除く。(本市に関係する区域抜粋))。
 (4) 平成24年6月6日   盛岡市産原木乾しいたけ(露地)
 (5) 平成24年7月26日  しかの肉(県内)
 (6) 平成24年9月10日  くまの肉(県内)
 (7) 平成24年10月22日  やまどりの肉(県内)

 放射能汚染の広がりは後を絶ちません。原発は即時ゼロ!に進むべきです。
 
 日本ペンクラブのメールマガジンも届いていました。「原発再稼働への動きに強く反対する声明」です。野田首相は、この声をなんと聴くのでしょう!

2012年8月26日 (日)

脱原発盛岡金曜デモ

 先週に続き、盛岡市内の脱原発!のデモに参加しました。8月24日は夕方から雨模様。デモ開始前には少し本格的な雨か?と思わせましたが、6:30からのデモ開始時点では小降りとなり、傘をさしながら行進しました。雨の中、110人を超える参加者がありました。
Dscf17501
 前回とは違った、新しい顔ぶれにもたくさん会いました。行進していると、フライ返し(料理器具)にスマートフォンをくくりつけて掲げている人がいました。
何かと聞いたら、「IWJ岩手」のビデオライブ中継でした。「USTREAM」の動画サイトでライブで見られるということでした。Dscf17772
 なるほど、発起人の方々も「ツイッター」で呼びかけたということですが、こうしてライブで動画を配信している・・・情報社会もすごいものだと思いました。
Dscf17691
 このデモ、主催は「盛岡でもし隊」。毎週金曜日のデモのタイトルを「脱原発盛岡金曜デモ!」としたそうです。