フォト

駒ケ岳の花々

  • ハクサンチドリ
    2008年7月2日秋田駒ケ岳で出会った花々

野の花

  • Dscf28232
    2013年8月八幡平県民の森付近の道端に咲いていた花です
無料ブログはココログ

カテゴリー「駆けある記」の記事

2018年6月18日 (月)

日本共産党演説会開く

 6月10日、日本共産党演説会が開かれ、紙智子党農林漁民局長・参議院議員、市田忠義党中央副委員長・参議院議員が、安倍政権の森友・加計学園疑惑、TPP11の強行などの暴走を鋭く告発しつつ、市民と野党の共闘を進める党の役割を語りました。
25dsc_23671
 市田忠義副委員長は、史上初の米朝会談が実現するという情勢の下で、日本共産党が、アメリカトランプ大統領の「対話の模索」を正しく評価し、朝鮮半島の非核化と平和体制の構築を一体のものとして進めること、「行動対行動」の立場で、合意を進めることなどを提案して、各国に提案したことなどを紹介し、日本共産党の「綱領」の先駆性を強調。
25dsc_23771
 また、日本共産党という名前に込められた めざす未来社会のすがたを体現し、96年間「反戦平和」を貫いた歴史が込められている、政治が大きく動こうとしているとき、生きがいある人生を日本共産党とともに歩もうと訴えました。

 演説会では、来年の地方選挙に立候補する予定候補(現時点で)を発表・紹介し、私が代表して決意を述べました。
25dsc_23622_2
。盛岡市議選では、6月議会初日に「35年」の特別表彰を受けた鈴木礼子市議に代わって、35歳の党市議団事務局の三田村亜美子さんが立候補することを発表しました。(写真下は、紙智子参議院議員から激励を受ける三田村亜美子さん)。
34860800_258095771434301_1484177359

続きを読む "日本共産党演説会開く" »

2018年1月24日 (水)

後援会が新春のつどい

  1月21日、庄子地域日本共産党後援会の「新春の集い」が開かれ、60人が参加しました。

P10700833
 第一部 議会報告では、庄子議員が、①2017年をふり返って ②2018年の闘い~「負けられない2つの闘い」~安倍9条改憲NO!の3000万署名と沖縄の闘い~について訴え、③12月議会をふり返り、子育て支援、その他の公約実現の取り組みを報告しました。 沖縄の「まけられない闘い」~名護市長選挙への支援では、稲嶺ススム市長3選めざす オール沖縄 市民集会」での翁長樹子さん(翁長知事夫人)のスピーチを聴き、支援カンパを訴え、9,800円のカンパが集まりました。

 齋藤信県議も、市民と野党の共闘をさらに前進させる決意、安倍憲法9条改憲への国民の世論と闘いるなど、詳しく報告。
 新年会では、庄子春治励ます会の藤澤春夫代表、川久保病院の小野寺けいこ先生からご挨拶をいただいた後乾杯し、懇談を深めました。

2018年1月 9日 (火)

自治会新年交賀会・消防出初式

 1月7日は、わが自治会の餅つき大会と新年交賀会、盛岡市消防出初式と消防団の新年会に参加しました。
Dscf66061
 とても、気温もさほど下がらず、穏やかな天候の下、午前9時から恒例の餅つき大会。大人が下ごしらえして、子どもたちが仕上げ。とてもあんばいよくつきあがり、あんこ、黄粉、のり、雑煮などで子どもたちも、その後の大人たちの新年会でもいただきました。
 この行事が始まって以来「合どり」は私の役目、全部で3臼つくうち、2臼まで付き合ってから、岩手公園(盛岡城跡公園)消防出初式へ。
Dscf66211
 今年一年災害のない年に、思いを新たにした出初式でした。その後の大通りの分列行進には、多くの市民が沿道から拍手を送っていました。
Dscf66472
Dscf66582

2018年1月 6日 (土)

1月5日中央卸売市場 「初セリ」

 1月5日、5:40からの盛岡市中央卸売市場の初市式に、斉藤信県議とともに参加してきました。

Dscf66021
 昨年は、サケ、サンマの不漁などが響いた水産部、天候不順や台風被害などで「入荷不足」となった青果部、の苦戦がありましたが、恒例の青果部の「宝船」には、「7万円」の声が出されるなど今年こそは!の思いを込めた初セリでした。
Dscf65882
Dscf65751_3
Dscf65821

 Dscf65951
 自然環境や季節、地域によって大きく生産環境が変化する生鮮食品にとって、それを大量に集荷し、短時間で大量にさばく、そして生産者には安定した販売先として、消費者には安定的な生鮮食品を提供し、公平な価格形成する。その中核の機能として、世界にも誇るべき流通システムとなっているのが卸売市場です。昨年はとりわけ厳しい環境の下で、その機能がいかんなく発揮されたといえます。
 国がその公的な役割を否定する「市場改革」を進めようとしていることに対しては、市場関係者から懸念の声が聞かれました。また「消費税増税はやめさせてほしい。『軽減税率』で『2重の帳簿』が必要になる。とんでもない」との声も寄せられました。

2017年12月 1日 (金)

ごみ減量は自治体と住民が一体となってこそ~学習会で報告

 11月11日、「ごみ処理広域化の撤回を求める会」が主催した学習会が開かれ、庄子が報告者の一人として「広域化の何が問題か」~ごみ減量・資源化に取り組む全国の先進事例から学ぶ~として、話しました。

Dscn11192
 最初にごみ処理の基本であるごみ減量・資源化の全国の到達点とそれとの比較で立ち遅れている盛岡市の現状を示しました。

(画像はクリックすると大きくなります)2_2
3_2 
志布志市・横浜市・名古屋市に共通するものは  

庄子はこの間共産党市議団や個人で視察した志布志市・横浜市・名古屋市が40%~80%のごみ減量を達成した特徴をそれぞれ紹介。
4

8_2
12_3

 その共通する特徴について、①最終処分場延命が強い動機であった。行政の強い目的意識と減量目標への確固とした姿勢
②市民を信頼して市民に率直に協力を呼びかける。同時に行政自身が汗をかき、市民サービスの改善も(高齢者などへの戸別収集など)③事業系ごみの減量に独自の努力をしている。④それぞれの自治体の特性を踏まえた取り組みーなどを上げました。
 

8市町に大きな差~「盛岡に任せて安心」でよいか 

 盛岡広域8市町首長の「広域化協議会」の姿勢はどうか。
 8市町のごみ処理の現状には大きな差があります。(1人・1日当たりのごみ排出量(家庭系)では雫石町の728gに対して葛巻町の514g、リサイクル率では、八幡平市の11・5%に対して葛巻町の35・2%・・など)
16
その実情に合った対策が必要です。しかし「広域化計画」ではその実情に合った減量計画はなく最初に450tの焼却ありきの計画です。
17
 この間の首長間の協議を見ても「盛岡にお任せすれば一安心」という本音がありあり。
 庄子議員は、「これではごみ減量は進まない」「広域化は撤回すべきだ」と述べました。

2017年8月27日 (日)

県総合防災訓練に参加

 8月26日(土)岩手県総合防災訓練が、盛岡市・紫波町・矢巾町を会場に行われ、わが三本柳南町内会・見前ニュータウン自治会も当事者(堤防決壊で最も被害をうける地域の一つ)として参加。私も町内会防災隊事務局長として、準備から訓練に参加しました。

P10600161
 訓練の想定は、「北上川の堤防が決壊し水害が発生」したということで、見前南小、見前南中、盛岡南高校を会場に実施。24日~25日未明にかけての大雨で、盛岡地区の各河川で水位が上昇し各地で避難所が開設された直後の、現実味を帯びた訓練となりました。実施されました。
P10509631
 我が町内会・自治会は、「水害時の行動ルールブック(マニュアル)」に基づいて、①住民に避難の呼びかけを行い、②要支援者の支援をしながら避難する、訓練(第一次避難場所としての見前小学校まで)を行いました。
Dsc_00741
 訓練会場(見前南小)では、市などが行う「避難所運営」「感染症予防」「健康体操」「健康相談」「市民生活相談」などの訓練に参加・体験しました。
P10509731
Dsc_00921_2
P10509751
 校庭で実施された、消防団による「釜段工法」(河川の水位上昇に伴って、堤防の内側に発生する「漏水」の拡大を防ぐ工法)、消防隊による、川の中州に取り残された人の救出訓練(ロープ・はしご車)、自衛隊によるヘリコプターによる孤立者の救出訓練(自衛隊)などを見学しました。
P10509961
P10600101
 この訓練に参加し、大いに参考に
なった半面、住民(自主防災隊)の参加の在り方については課題が残る訓練だったなというのが率直な感想でした。

各河川水上昇で「避難勧告」・・・簗川、北上川等を視察

 8月24日からの大雨で、盛岡市内の各河川で水位が上昇。25日未明には、「簗川で危険水位、中野、高崩に避難勧告」がだされました。
 朝4時、新聞配達に出かけようとしていたときその情報が入り、配達終了後、5時半過ぎに簗川の状況を見に行きました。

P10509301
 簗川の水位は、右岸側でもう少しであふれるのではという水位。平成14年7月の台風被害(左岸堤防が決壊の寸前まで崩壊した)が頭をよぎりましたが、雨も上がったことからそこまでの心配はなさそうだと見ました。避難所となっていた中野小、活動センターには、それぞれ高齢の女性がお一人避難されました。簗川の高い水位(氾濫の危険を示す)はその後も続き、避難解除が夕方。雨が上がっても、川の水位低下までには時間差があるということでした。

 その後、地元に戻り、三本柳~永井~東見前の各地を見てまわり、北上川の堤防を視察。
 Dsc_00451
 三本柳地区の堤内で水が噴出しているのを見て、「漏水」(北上川の水位上昇 によって、堤防の下から、堤防内に水が噴出する災害で、堤防破壊につながる災害)ではないかと市の警戒本部に連絡して、担当の方に現場に来ていただきました。幸い「漏水」ではなく別の要因が明らかになり、対策をしていただくことになりました。
P10509461
 北上川の水位も、氾濫注意水位の2・6mに迫るものでした。(ダムによって水位調節がされる範囲ではありました)、普段パークゴルフ場となっている河川敷にも水が上がり堤防に迫っていました。北上川の水位上昇で、南川が氾濫していました。P10509381
 現在、都南大橋下流~都南中央橋区間で、堤防強化工事が行われていますが、このような状況を見るにつけ、早急な工事完了が求められていることを改めて痛感しました。
Dsc_00591

Dsc_00611
   (写真下:6月に撮影した上記場所)
P10502111





2017年2月 3日 (金)

木戸口参議院議員を迎えて「新春のつどい」

  1月29日 に開催した後援会恒例「新春の集い」には、昨年の参議院選挙で、野党統一候補として闘い勝利した木戸口英司参議院議員にご出席頂きました。
Dscf63661
 木戸口参議院議員が国会報告を行い、野党の質問にまともに答えようとしない安部政権を告発しました。 吉田恭子衆議院岩手一区予定候補も決意表明。
 斉藤信県議が第27回党大会のエッセンスを報告し、この席に木戸口さんが出席していることが1年の劇的な変化を象徴していると参加者を激励しました。
 私も市議会報告を行いました。

 新年会では「庄子春治を励ます会」藤澤春夫会長が激励のあいさつを行い、三本柳南町内会藤澤会長の音頭で乾杯し、交流しました。

 余興では、仙台D51合唱団のトップテナーでシンガーソングライターの佐々木伸介さんが素晴らしいテノールを披露。私も下手なオカリナを聞いて頂きました。

2017年1月 6日 (金)

初市式

 1月5日、盛岡中央卸売市場の初市式に出席し、水産・青果部のそれぞれの初セリを見学しました。
 台風災害などによる野菜の品不足、鮭、さんまなど不漁などの影響で青果も水産も厳しい昨年でした。
 そのことも反映してか、水産部の初セリでは、少し昨年よりも荷が少ないという印象でした。
Dsc_31021

 それでも、「今年こそは❗」の願いと意気込み込めて、例年通り威勢の良いの初セリでした。
 青果部では恒例の「宝船」のセリが行われ、8万円という史上最高値も記録しました。
Dsc_31111
 斉藤信県議とともに訪問した各業者の皆さんとの懇談では、「アベノミクスの恩恵などない。安部はもうやめてほしい」「共産党にもっと躍進して頑張ってほしい」などの激励が寄せられました。

2016年10月13日 (木)

10月前半の駆け歩記

川久保病院まつりでオカリナ 

10月2日、恒例となった盛岡医療生活協同組合の「川久保病院・在宅総合センターひだまりまつり」が、秋晴れの下、たくさんの人の参加のもと開催されました。 P10308521

 医療生協は、組合員の募金などで社会福祉法人を設立し、特別養護老人ホーム建設に取り組んでおり、組合員参加のとても熱気のある祭りでした。今年もこの祭りでオカリナを演奏させていただきました。ギター伴奏をしてくれたのは、30年来の友人の伊藤君。病気によって視力を失っていますが、見事なギター演奏をし、都南歌声喫茶になくてはならない人です。演奏は4曲。「もみじ」「里の秋」「愛燦々」「母さんの歌」でした。

見前小学校学習発表会

 10月8日、見前小学校の学習発表会がありました。
P10308881
 2年生の劇「スーホの白い馬」を拝見しましたが、構成もよく、また演じる児童のセリフも広い体育館にしっかり届く発声で、途中の挿入歌も。とても素晴らしいものでした。

スポーツの秋2題・・国体見学、町内会運動会

 10月1日から開催された「きぼう郷いわて国体」は「男女総合」「女子総合」とも岩手県が2位と大健闘大躍進でした。
 10月8日、盛岡津志田で開催されたボーリング大会を見学。
P10309001
 正確なショットでストライクあり、手もとが微妙に来るって「惜しい!」あり。各県選手団の健闘に声援を送りました。

 10月10日・体育の日には、三本柳南町内会の恒例の運動会。
P10309411
 33回目を迎えた今年も、町内会内の4自治会による和気あいあいとした熱戦が繰り広げられました。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31